永井豪 「デビルマンサーガ 第15話 感想」

次なるデーモン・アーマーによる混乱を予期させる
『デビルマンサーガ』の第15話。

隔離された実験場、そしてデーモン・アーマーの装着を志願する軍人たちなど
次回以降の戦いへのお膳立てがここに来てようやく整った印象。
ここ3~4話はずっと状況整理や会話、説明が中心だったけど
やっとストーリーが動いてくれそうな感じだね。

以前に回想シーンで少年時代の勇希が
「降りかかる火の粉を払うための力は必要だ」と言っていたし
今後の流れとしては暴走するデーモン・アーマーを止めるために
勇希が再びアモンと融合して戦う、みたいな展開になるんだろうなあ。

そしてどんどんデーモン・アーマーが増えていく中で
気になってくるのが融合の条件。
原作『デビルマン』や『レディー』では
デーモン化、ビースト化に一定の条件や因子を必要としていたけれど
『サーガ』では白縫さんは鎧に呼ばれて、勇希は無我夢中のままに、
そして今回の2人はセックス中、と状況は今のところ皆バラバラだし
そのあたりに何らかの条件や共通項はあるのかなあ、と。
超古代の戦争、という設定を考えると
『魔王ダンテ』みたいに前世が関わってきそうな気もするね。

   

コメント (0) | トラックバック (0)