永井豪 「デビルマンサーガ 第107話」 感想

日本全土を巻き込んだ戦いから数か月後、クロード=ギラン氏の来日によって
新たな混乱が示唆される『デビルマンサーガ』の第107話。

というわけで今回は来日したギラン博士によって
アスカたちが異次元世界へと消えたことが勇希に報告される展開。
ザンに汚された白縫さんが塞ぎ混んでいたり
傷が治った美紀ちゃんが勇希の補佐官に着任したりと
このあたりの三角関係? にも新たな変化が起こりそうですね。

また個人的に興味深かったのがホーカー、ラーゴ、ガンゴの三名や
国軍省での戦いでも活躍した2代目クウモなどから分かるように鎧との波長が合えば
着せ替え感覚でいろんな人物がデビルマンとなれるかもしれない、というところ。
精神力などの問題はあるみたいですが「サーガ」のデーモン・アーマーはあくまでも鎧なので
無印デビルマンやレディーよりは「戦いが終われば鎧を脱ぎ捨てて元の生活に戻れる」的な
救いが用意されているようにも思えます。

そして前回異変が起こったロシアから
ジンメンが脱出したと思しき描写とともに次回に続く。
世界規模から異次元、と一気に物語がスケールアップしてきたので次回も楽しみです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)