永井豪 「デビルマンサーガ 第47話」 感想

人間を喰らおうとするデーモンに対し
勇希が再びデビルマンとなって戦いを挑む『デビルマンサーガ』の第47回。

というわけで今回は
無印『デビルマン』にもあった「人間の肉の味」の話題と
『レディー』を思い起こさせる夜の街の描写を経て
ついに勇希が再びアモンと融合し戦闘開始! という展開。

いやーようやく盛り上がってきた感じですね今回。
とにかく久しぶりの主人公の戦闘なので
思いっきり大暴れしてほしいです。

そして気になったのが亀井教授の自意識。
「人間の肉の味」を語ったりとアーマーの影響を受けているけど
自我はしっかりしているようだし
「人間には戻れない」と言われていたヴァルバとは明らかに異なる印象。
まだまだ戦うことに抵抗がありそうな勇希だけど
亀井教授との戦いを通していろいろと心境が変化していくのかなあ、と。

ところで「アモンが勇希に力を貸す理由」って
まだ明らかになってないですよね。
ヴァルバ事件の時も今回もアモンは勇希に積極的に働きかけているし
彼の行動には何らかの意図というか
「これから先、勇希にやってほしいこと」があるんじゃないかとは
思うんですが。うーん。

そんなこんなで次回に続く。
次回は派手な戦闘アクションが見られるといいなあ。

  

コメント (0) | トラックバック (0)