永井豪 「デビルマンサーガ 第34話」 感想

カイムに続いて次々とデーモンやデビルマンが誕生していく
『デビルマンサーガ』の第34話。

というわけで前回に続いてバトル中心となった今回は
カイム、魔将軍ザン、シレーヌと
よく見知ったデーモンたちが続々と登場する見所のある展開。

特に原作では改稿されるたびに出番が減っていき
「もしかして永井豪先生は存在を忘れかけてるんじゃなかろうか」
と不安になっていた魔将軍ザンがまさかの大活躍。
21世紀になって見開きページでバトルを繰り広げるザンが見られるとは
正直思ってなかったです。はい。

そんなこんなでようやく迫力のあるアクションが増えてきて
面白くなってきた感じの『デビルマンサーガ』。
相変わらず話が進むペースは遅いんですが
最近はそのぶん見開きページで
バトルをしっかり見せてくれるので嬉しいです。

あ、そう言えば今回は勇希の出番が皆無でしたね。
カイム回だけに(激うまギャグ)。

 

コメント (0) | トラックバック (0)