永井豪 「デビルマンサーガ 第23話」 感想

白縫さんのまさかの告白によって新展開となった
『デビルマンサーガ』の第23話。

前回までの戦いが終わり新エピソード突入となった今回は
研究を止めて日本に戻ろうとする勇希の前に白縫さんが……という流れ。
これまでの彼女の行動が実は……という裏をかくストーリーに加えて
デーモン・アーマーの力をどう捉えるか、という部分で
彼女と勇希との違いが決定的となり
話が一気に面白くなってきた感じだね。
このまま勇希と白縫さんが袂を分かつようになると
彼女がまさかのラスボス化、という展開も有り得るのかも。

またアモンの鎧に関して
「(他の研究者たちに)君たちならアモンの鎧を着られる」
「日本に帰れば体も元に戻るかもしれない」
と、まだ楽観的な部分を勇希が持っているのが興味深いところ。
読者の視点ではもう勇希=デビルマンというのが固まってしまっているけれど
作中ではまだ後戻りが出来るような空気があるんだなあ、と。

  

コメント (0) | トラックバック (0)