自分のカードコレクションの紹介も何だかんだで4回目。
今回紹介するのは90年代に社会現象となった
「新世紀エヴァンゲリオン」のカードです。

新世紀エヴァンゲリオン カードダスマスターズ

 20160422-1.jpg

バンダイから発売されたエヴァカードの代名詞とも言うべきシリーズです。
エヴァブームをリアルタイムで経験した人なら分かるかと思うんですが
1996年~1997年のエヴァグッズは一般人の流入により
需要と供給のバランスがとんでもないことになっており
このカードダスマスターズも集めるのはおろか
まともに購入することすら難しいものとなっていました。
その結果ノーマルカードですら1枚数百円、レアカードは数千円、
限定カードに至っては十万円以上の値で取引される高額シリーズとなったのです。

もっとも1997年夏の完結編公開後はエヴァブームも収束していき
レアカードの相場も現在ではかなり落ち着いています。
社会現象が終わったあとの一般人なんてそんなものです。

新世紀エヴァンゲリオン アマダ・P.P.カード

 20160422-3.jpg

アマダ印刷加工会社より発売されていたシリーズ。通称アマダカードです。
こちらもカードダスマスターズに並んで知名度のあるエヴァカードであり
例によってブームの時はレアカードの相場が数千円になっていました。
一部のカードはプラスチック製のクリアカードになっており
他社のレアカードよりちょっと豪華な感じのするシリーズです。

新世紀エヴァンゲリオン カードダス

 20160422-2.jpg

玩具店・文具店でのパック購入だったマスターズやアマダカードとは違い
こちらはカードダスの販売機で発売されたシリーズです。
当時のエヴァカードは貞本氏のイラストやアニメの1シーンなどを
カード化していたものがほとんどだったんですが
こちらのカードダスは全てが描き下ろしのイラストとなっています。
いかにも「手の空いたアニメーターに突貫工事で描かせました」みたいな
あまり似てないちょっと統一感のないデザインにブーム末期の悲哀を感じます。

ちなみに自分の友人は「画が下手だからいらねー」と
このシリーズを完全に無視していました。
子供は時として残酷です。

まあ確かに絵柄は今見るとアレなんですが
「DEATH & REBIRTH」を両面プリズムにして再現していたりと
巧い演出もありそれなりに気に入っているシリーズです。
カードダス機をガチャガチャやるワクワク感はプライスレスなのです。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

トレーディングカード, コレクション

十数年ぶりに整理したカードダスのコレクション紹介も3回目。
今回は騎士ガンダム以外のちょっとマイナーなカードになります。

機動戦士ガンダム CGセレクション。

 20160421-1.jpg

SDガンダムが下火になって登場したリアルタイプ系のカードダスです。
収録されているのが一年戦争のみ、ということで
カードダス世代の子供たちと1st世代の大人たちの両方を
お互いの新たな客層として取り込もうとしたシリーズのような気がします。

 20160421-3.jpg

ちなみにこちらの「CGセレクション」では
抽選でV作戦マニュアル仕様のカードバインダーが当たる、
という懸賞が行われており
実は自分は懸賞でバインダーを当てています。

 20160421-4.jpg

もちろん非売品です。
20年前のものでガンダムグッズの中でもかなりのレア物のはずなんですが
マイナーなカードダスの懸賞、という位置付けのせいで
ネットで検索してもほとんど情報が出て来ないくらいに知名度が低く
逆にプレミアにすらなっていないようなグッズです。
サンライズの公式サイトですら「たぶんカードダス用のアルバムです。
と曖昧な表現で紹介しているようなブツです。

ちなみにまんだらけでの価格は2160円(2016年4月21日現在)と
あまりにも微妙すぎて反応に困るような価格が付けられています。

「スーパーロボット大戦α」コレクションカード。

 20160421-2.jpg

ゲーム「スーパーロボット大戦α」のカードダスです。
このカードの発売はスパロボαの発売と同じ2000年。
個人経営の文房具屋やゲーム屋も次々と撤退して
カードダス機そのものの存在が少しずつ消えつつあった時代のカードです。
この頃には価格も20円→100円(5枚)→100円(4枚)と移り変わっており
「うえー」と複雑な気分になりつつも
騎士ガンダム打ち切り後のやるせない思いを
いろんなカードダス機にぶつけていたのです。

十数年後に200円3枚のカードダスクエストに「うえー」となり
自分がまるで成長していないことを自覚するのはまた別の話なのです。

というわけで少しずつマイナーな方向に行きつつあるトレカ紹介。
次回は90年代に社会現象を引き起こしたアレのカードを紹介したいと思います。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

トレーディングカード, コレクション

というわけでカードダスのコレクション紹介の第2回目です。
前回に引き続いて今回もSDガンダムが中心。
今回紹介するのは復刻されていないシリーズがほとんどなので
もちろん全て発売当時のリアルタイム品となります。

「SDガンダム外伝スペシャル」シリーズ。

 20160409-1.jpg

ゼロガンダム編と黄金神話の間、
そして黄金神話と鎧闘神戦記の間の2回だけ発売された
総集編&予告編的なシリーズです。
騎士ガンダムが長く続いて一見さんお断り状態になっていたこともあり
簡単に歴史を振り返られる新規開拓のための特別編、
的な意味合いもあったのかもしれません。

「SDガンダム外伝スーパーバトル」シリーズ。

 20160409-5.jpg

カードに1からMAXまでの数値が振り分けられており
カードバトルで遊ぶことが出来るシリーズです。
ドラゴンボールのカードダスにも同系統のものが出ていた記憶がありますが
周囲にこれを集めていた人がいなかったこともあり
実は今でもルールが分かりません。謎です。

「ネオバトル」シリーズ。

 20160409-2.jpg 20160409-7.jpg

SDガンダムワールドからの流れで生まれた三つ巴ルールのカードダスです。
当時のボンボンなどではかなりプッシュされており
通常のSDガンダムから騎士、武者、Gアームズ、ガンドランダーなどなど
多くのキャラクターが登場、収録されていますが
「騎士ガンダムvsブラックドラゴン」が原作通りHP10000vsHP9999なのに
「スペリオルドラゴン」がHP1200だったりと
かなり謎な数値設定がされているシリーズでもあります。
途中からブラックホールやらトリプルスターやらが出てきて
HPなんてどうでもいいじゃん的なインフレを起こしていた記憶があります。

その他いろいろ。

 20160409-3.jpg 20160409-6.jpg

ワールドや武者、Gアームズなどのカードも
枚数は少ないですがちらほらと持っています。
このあたりは更に時代がさかのぼるのでカードもかなり汚いです。

 20160409-4.jpg

ちなみにこちらの3枚は
自分のコレクションでは珍しいTCGのシリーズ「モビルパワーズ」。
絶妙にマイナーな知名度のカードゲームです。
MTGの他、「ガンダムウォー」「スクランブルギャザー」などが流行っていた中で
これで遊んでいたのは自分含めて3人でした。ぎゃふん。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

トレーディングカード, コレクション

カードバインダーを新調しハードスリーブに入れ直し、と
十数年ぶりに自分のカードコレクションを整理しました。
1枚1枚見ていたら懐かしさで思わずニヤリとしてしまったということもあり
せっかくなのでブログで少しずつ公開してみたいと思います。

 20160407-1.jpg 20160407-2.jpg

というわけでまずはこちら。
「SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語」のカードダスです。

コンプリートBOXが発売し打ち切りだった鎧闘神戦記が完結、
更には新作の登場にカードダスクエストとしてアプリ化と
近年になってどんどん新しい動きがある騎士ガンダム界隈ですが
自分のコレクションは「ラクロアの勇者」~「黒い鎧闘神」まで全てが当時のもの。
物心ついたころから集め続けたリアルタイム品になります。

 20160407-4.jpg 20160407-5.jpg

「白銀機兵ベガスジャーノン」「真伝説創造」など
一部のカードがホロ処理されているか否かが簡単な見分け方です。
これらは復刻版ではコスト削減のためか通常のプリズム処理になっています。

自分のを見ても分かるんですが
この手の処理がされたカードはホロが剥がれやすいです。
ホロが全部剥がれたカードを「ガスジャーノン」と呼んでバカにしていたのは
うちの地元だけでしょうか。

そして主な入手法が小学生同士のカード交換、ということで
今見るといろいろと面白いものが出てきます。

 20160407-6.jpg 20160407-7.jpg

マルスガンダムのカード。
裏面に「HP4200000000+α」なんて鉛筆で書かれてます。
いいですね。いかにも小学生らしいです。
ファミコンカセットの裏に書かれた名前のようなノスタルジーを感じます。
当時は毎日のように交換していたので誰が書いたのかは謎です。

 20160407-8.jpg

裏面が学習ノート。これはひどい。
キラカードをジャポニカ学習帳に貼ってコレクション、という
今のマニアが見たら卒倒しそうな集め方をしていた人がいたんですよ。
さすがに通常のカードとはまともな取引にならないので
抱き合わせで交換した記憶があります。
そうやって小学生は交渉術を養っていくのです。

 20160407-3.jpg

そんなわけで騎士ガンダムのキラカードは100枚以上持っているんですが
実は半分くらいは譲り受けたものだったりします。

小学生の頃はあんなに流行したカードダスも
中学生くらいになるとみんなどんどん卒業して別の大人びた趣味を持つようになり
「いらねー」「捨てるわー」「もうガキじゃないしー」と
ぽいぽい処分していくようになるんですね。

そんな中で卒業どころかどんどんディープな方向に行っていた自分は
「捨てるならくれ! 捨てるならくれ! ギブミーチョコレート!」と
みんなからカードダスを集めてゴミ箱行きを阻止したのです。
カードダス少年団(byボンボン)が見たら泣いて喜ぶような感動のエピソードです。

そんなこんなであれから十数年が経ちましたが
そのまま真っ直ぐ進み続けた自分は
2016年にもなった現在も変わらず小銭を握りしめ
カードダス機の前でガチャガチャやっているのです。うえーい。

 20160407-9.jpg

まさか今になって新しいカードが増えるとは思わなかったわー。

というわけで次回に続く。
騎士ガンダム以外にもカードのコレクションはまだまだあるのです。

しかし90年代のボンボン漫画って妙にプレミア付いてて泣けてくるね。
「カードダス少年団」とか「ロックンゲームボーイ」とか
電子書籍でいいから復刊してくれませんかね……?

  

コメント (0) | トラックバック (0)

トレーディングカード, コレクション

以前にブログに書いたすき家の艦これコラボカード。
キャンペーン開始からしばらく経ちましたが
カードをちまちまともらい続けて現在はこんな感じになっています。

 20160321.jpg

あっ

全10種のうち3種類しか揃っていないのに
ダブり率が5/8で半分以上という状況。相変わらずの運の悪さです。はい。

オークション等の価格も落ち着きつつありますし
正直そちらで一気に揃えたほうがいい気がしてきました。

他のグッズは手に入らなかったら
「しょうがないか」と妥協することが多いんですが
トレーディングカード系だけは別腹です。
騎士ガンダムのカードダスを血まなこになって集めたSDガンダム世代としては
カード系のグッズだけはしっかり揃えてバインダーでじっくり眺めたいのです。

あ、あとすき家はあまり行ったことがなかったんですが
おろしポン酢の量が意外に多かったり
カレーの具が多めでなかなか美味しかったりと
いろいろと発見がありました。
いいじゃないすき家。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ, トレーディングカード, コレクション, ゲーム