ヤマムロの「陳麻婆豆腐」を食べてみた。

「本格的な麻婆豆腐を家で作れる」と評価が高く
前から食べてみたかったヤマムロの「陳麻婆豆腐調味料」を買ってみました。

 20150829-1.jpg

Amazonで1箱600円超と値段は一見高めに思えますが
4袋入り、1袋で3~4人前という分量を考えると
実際のコストパフォーマンスはかなり高いというか
普通にスーパーやコンビニで買えるものと
そんなに変わらないんじゃないかなあ、と思います。

 20150829-2.jpg

というわけでさっそく分量通りに作ってみます。
うーん赤い。
真っ赤な油が底にびったりと溜まっているのは
いかにも本格四川風って感じ。

そして一口。
……あ、美味しいですこれ。
甘みが全く無くてすごい本格的な味。
日本の麻婆豆腐は甘みがあって「あんかけ」的な印象も強いですが
それとは全く別の料理ですね。
これが本場の味か……。

また「ものすごく辛い」という感想があったため身構えていましたが
個人的には辛さはけっこう抑え目というか
唐辛子のヒリヒリとした傷みのある辛さとは方向性が違う感じな気がしました。
少なくとも「うわー辛い!」と感じるような辛さではないなあ、と。
付属の花椒も少なめに感じたので
ちょっと自前で追加してもいいかもしれないね。

そんなこんなでごちそうさまでした。

あ、ちなみにこれ身内での評判はぶっちゃけあまり良くありませんでした。
とにかく日本の麻婆豆腐とは全然違うので
「麻婆豆腐」だと思って食べると微妙に戸惑うというか
あれ? と思う部分は確かにあるなあ、と。

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

辛い食べ物