永井豪 「デビルマンサーガ 第10話 感想」

単行本第1巻の発売も決定しようやくストーリーが動き出した感のある
『デビルマンサーガ』の第10話。

今回も前回に引き続いて
暴れ回る白縫女史≒シレーヌを勇希が止めようとする展開。
前回登場したマシン・マン・ソルジャーが
いつの間にか倒されてしまっていたのはちょっと拍子抜けだったので
このあたりはもっと鎧の超常的な力を見せるようなアクションシーンが欲しかったかも。

そして今回の最終ページではついに勇希とデーモン・アーマーが融合。
白縫女史が融合したシレーヌの鎧はほぼ完全に復元+修復されていたのに対し
勇希に融合した鎧は倉庫に放置されていた残骸だったというのが
個人的に気になるところ。

勇希が人間の心を持ったままの「デビルマン」になるのは
ほぼ間違いないだろうし
このへんの「鎧の不完全さ」が一つのポイントに
なってくるんじゃないかなあ、と。

  

コメント (0) | トラックバック (0)