ローソンの「つけのすけ赤(けっこう辛い)」を食べてみた。

今週より東北地区限定で発売中のローソンの新商品
「のすけ監修つけのすけ赤(けっこう辛い)」を食べてみました。
一見すると謙虚に見える「(けっこう辛い)」に
そこはかとない自信を感じるのは自分だけだろうか。

 20150516.jpg

というわけでさっそく一口。
……うん、旨い。スープはラー油たっぷりでかなり赤いものの
コクのあるまったりとした味噌味のおかげで食べやすい印象。
味噌の香りなども含めて担々麺にけっこう近い気もするね。

そして麺がかなり頑張っているのが嬉しいところ。
コンビニのつけ麺は無駄に極太をアピールして
ボソボソバラバラになってしまっているのが多い中で
「つけのすけ赤」はあえてしっかりとした中太麺を選んでいる感じ。

そんなこんなで完食。ごちそうさまでした。
あ、あと品名の「(けっこう辛い)」ですが別にそんなに辛くはないですこれ。
スープも冷たい冷やしつけ麺だから余計にそう感じるね。
付け合わせの辛味ネギがいい味を出していたので
あれの量をもうちょっと多めにしてほしかったなあ、と。

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

辛い食べ物