VIPRPG 紅白2014 作品感想 その18

VIPRPG紅白2014作品を偉そうにレビューするよ!
いろいろあったけどとうとう最終ナンバーに到達した紅白レビュー第18回だよ!
次回は提出タイミングの関係で間に合わなかった作品に入っていくよ!
そして次回でこのレビューも最終回の予定なんだよ!


No.102 地獄公園おぼなす

 ko2014re-102.jpg

私立探偵ショウが事件に挑む推理AVG……に見せかけた一発ギャグ短編。
メッセージウインドウや動きのある立ち絵など
それっぽい本格AVG的な導入部からオチへの流れは
まさに「上げて落とす」と呼ぶに相応しい展開だね。
いつものSSはもはや様式美。


No.105 もしもムシャに新弟子が出来たら

 ko2014re-105.jpg

ムシャの新しい弟子となったアテナを主人公とする短編連作見るゲ。
連作の見るゲはストーリーがそのまま時系列順になっていることが多いけれど
本作は元々スレ投下作品だったという第一話が全体の総括的なものになっており
結果として一味捻った構成になっているのが上手いところ。
探索ゲーム的なイベントや自作戦闘、立体的なマップなど
一つ一つのシステムが非常に丁寧に作られており
一話ごとに異なる操作、異なる雰囲気で楽しめるのも嬉しいね。
ただ本筋のストーリーが途中で尻切れになってしまっているため
「一話ごとにいろいろやってみた実験作品」みたいな印象が
強くなってしまっているのがちょっと残念だったなあ、と。


No.109 もしもゴメスが10年分

 ko2014re-109.jpg

アレックスが世界各地に潜むゴメスを見つけながら冒険を繰り広げる短編RPG。
ゴメス一人一人の動きや出現方法がとにかく多彩であり、
見つけた人数がスコアのようにちゃんと記録されたり
「メニュー画面を開く」などの変わった出現条件があったりと
見た目とは裏腹に本格的な探索AVGとしても楽しめる作品。
終盤は「ここは俺に任せて先に行け!」な意外なシリアス展開を見せるものの
最後はやっぱりゴメスだった。


No.111 リセット

 ko2014re-111.jpg

本編が間に合わずに提出されたいわゆる代理作品な短編見るゲ。
「ここは俺の日記帳」的な自分ネタであり
当然のようにグダグダでオチも無いものの
せっかくなので何か出すぜ、的な気概だけは感じられる作品。
どうせならエターなった作品の紹介くらいしてくれればよかったのになあ。


No.112 ファイナルラグナロクエターナルエンドFE

 ko2014re-112.jpg

狙いすぎのタイトルからも想像出来るような一発ネタ作品。
寒いダジャレで唐突にエンディングを迎える一発ゲーに相応しい内容ながら
小ネタの効いたビジュアル的な名前入力画面や戦闘シーンなど
細かいところに妙に力が入っており本気で作られたバカゲーといった感じ。
まさか提出ナンバー最後の作品に
こんな爆弾(爆笑的な意味で)が待っているとは思わなかった。


コメント (0) | トラックバック (0)