VIPRPG 2013GW祭り 作品感想 その8

VIPRPG2013GW祭り作品を偉そうにレビューするよ!
作品番号も50を越えてそろそろ後半戦に突入する祭りレビュー第8回だよ!
このペースだと6月中には終わる予定なんだよ!


No.50 もしもゼビウスだったら。
gw2013-50.jpg
有名縦STGをモチーフにしているようであんまりしていない
いつもの吹っ飛ばしアレックス短編ゲー。
序盤こそそれっぽいマップ構成で進んでいくものの
魔王城突入後は向き固定が解除されたり普段と同じ会話ネタが入ったりと
「ゼビウスってなんだったっけ」と考えさせられる一作。
テンポがいいのでついつい繰り返しプレイしてしまう。


No.51 ウィンディの不思議なダンジョン-物忘れの迷宮-
gw2013-51.jpg
主人公ウインドIがダークネスIの経営する店を繁盛させるため
不思議のダンジョンに挑戦するローグライクダンジョンRPG。
初代「トルネコ~」の雰囲気やバランスを忠実に再現しており
魔導師に眠らされてタコ殴りにあったり敵の飛び道具を壁にぶつけて大量生産したりと
元ネタと同じようなシチュエーションやテクニックを楽しむことが出来る。
数時間の努力が運次第で台無しになることもあるローグライクは正直苦手なんだけど
本作はパラメータ引き継ぎ+薬草持ち込みなどによってある程度の成長要素があり
そのあたりのストレス要素が上手く緩和されている印象。
逆にそうした緊張感を楽しむプレイヤーも多いだろうから
完全に引き継ぎを前提としているHP1でのスタートなんかは評価が分かれそうな感じ。
まだまだ体験版ということで現バージョンでは有用なものも含めてバグが多い気がするけど
今後は店の拡張やもっと不思議なダンジョンなどが追加されそうだし
まだまだ遊べる要素がどんどん増えていきそうで完成が楽しみなところ。


No.52 核にゃんのシミュレーション
gw2013-52.jpg
主人公霊にゃんがダッツを生き返らせるために20万Gを稼ぐ短編SLG。
一つ一つの行動に多くの一枚画が用意されており
単調な作業になりがちな部分にしっかりとアクセントがついているのが嬉しいところ。
ゲームオーバーが存在せず、10%利子がつく銀行や体力が減らないアイテムなど
チート級の要素が揃っているためクリア自体は簡単でタイムアタックがメインな印象。
20万Gを溜めると強制的にクリアになってしまうので
エンドレスモードや隠し条件でのトロフィー取得みたいな
やり込み要素的なものもほしかったなあ、と。


No.53 フィオナちゃんのドキワク大冒険
gw2013-53.jpg
有意義なGWを過ごそうとするフィオナちゃんを主人公とする短編連作見るゲ。
最初こそ一発ネタっぽく話が進んでいくものの
ラストはそれまでのキャラが集合し
タイトル通りちょっぴりドキワクで賑やかなストーリーになっていく。
ところで2周目をやってて気付いたけど第5話が無いような気がした。


No.54 日本マンドラ昔話
gw2013-54.jpg
マンドラさんの災いの種によって世界がとんでもないことになる
まるで悪夢のような短編見るゲ。
最初こそギャグ調の明るい雰囲気で始まるものの
一気にカオスで恐ろしい崩壊ストーリーへとシフトしていってしまうギャップが魅力。
タイトルの暗いBGMが全てを物語っていた。っていうか普通に怖えよ!
それにしても日本昔話とはなんだったのか……。

コメント (0) | トラックバック (0)