「サイボーグ009 conclusion GOD’S WAR 第16話」 感想

サイボーグ戦士一人一人を語り手として続いてきた各エピソードも
009編「女神の陰謀」に突入する「サイボーグ009完結編」の漫画版第16話。

今回は小説版中巻のP340からP389の漫画化。
平成アニメ版「Conclusion God’s War~序章~」で
すでに映像化されている部分ということもあって
ビジュアル的な目新しさはそんなに感じられないんだけど
ところどころのデザインが簡略化というか漫画的なものに変更されている印象。
特に翡翠のキャラデザインはかなり変わっており、アニメ版と比べると
「瓜実顔」「斜視気味にジョーを見る」(小説版中巻:P341~P343)という
小説版の描写に忠実に描かれている感じ。

また原作「神々との闘い編」から引用したと思われるカラーページ
挿入されているのも今回の特徴。
こういう過去作から引用する演出は漫画ならではで
いよいよ完結編もここまで来たか……と引き締まる感じ。

そして何より今回の見所は最終ページで崖の上に佇むジョーの顔。
「まるで廃人」「伸びきって荒れ放題の髪に髭」(小説版中巻:P389)という文章を
そのまま画にするとこんな感じになるのか……
なんかすごい新鮮だわ。

そして次回『中編』は6/28に更新予定。
初の3部作ストーリーになるみたいだし
翡翠との戦いや意識加速の部分をじっくり描いてくれるんだろうかと少し期待。
ジョー編終了後にはまた石ノ森パートを挟んだりするのかな。


手持ちの「神々との闘い編」(コンビニ版:サイボーグ009[GOLD編])との比較。
左が「神々との闘い編」、右が今回の完結編16話(P21)。

 009-01.jpg 009-02.jpg

   

コメント (0) | トラックバック (0)