VIPRPG 2013GW祭り 作品感想 その5

VIPRPG2013GW祭り作品を偉そうにレビューするよ!
そろそろ中盤戦に突入する祭りレビュー第5回だよ!
5月ももうすぐ終わりだけどこっちはまだまだ続くんだよ!
この前置き文のネタがなくなってきたよ!


No.32 おちんちんブラスター
gw2013-32.jpg
無理安価に苦悩するアルシェスをヒルダが慰める(?)短編と
何だかんだで息の合った兄妹のシュールな会話が繰り広げられる短編の二本立て見るゲ。
プレイヤー置いてけぼりの謎会話やその果てにある唐突なエンディングなど
独特のセンスを思う存分楽しむことが出来る。
あっ……あ、おぉ……。


No.33 百合っぽいデート
gw2013-33.jpg
リナックス&メビウスやウォーターI&ダークネスIIIなど
百合っぽいカップルたちの一日を描いた群像劇的な中編見るゲ。
作中で時間の経過が分かるようになっている細かい変化をはじめとし
演出やマップの組み方など一つ一つが非常に丁寧な作品。
各キャラの関係性がゲーム開始の時点ですでに完成してることもあって
特に事件らしい事件もなくまったりと話が進んでそのまま終わってしまうんだけど
最初からそういう雰囲気を目指していたんだろうなあ、と。


No.35 もしもTV
gw2013-35.jpg
見るゲの詰め合わせ的なTV番組風コレクション作品。
あっさりと終わる短編から続き物の長編までバラエティに富んでおり
おまけとしてミニゲームで遊べたり
大量のサイドビューアクションを見ることが出来たりとかなりのボリュームがある。
いろんなものをぶっ壊すミニゲームが爽快で思わず何度も遊んでしまった。
しかしTV番組風なのは最初の数作品だけだったような気も。


No.36 もしもキャラで人狼を俺がやってみたかった
gw2013-36.jpg
思考型パーティゲーム「人狼」をテーマとした疑心暗鬼短編見るゲ。
最初に「人狼」のしっかりとしたチュートリアルがあり
プレイヤーにも考えさせる推理作品的なものを期待していたので
プレイヤーの知り得ない設定が鍵となり
あっさり解決してしまったのが個人的には残念だったり。
どちらかと言えばホラー風短編って言ったほうがいいのかなこれ。
おまけEDの音合わせ演出がすごかった。


No.37 ファイナルエターナル
gw2013-37.jpg
アレックスとブライアンがエターナル打倒を目指す短編見るゲ。
テンポ良く進む展開でエターナルの恐ろしさを存分に味わうことが出来る。
さりげなく革命してるのがが妙にツボに入った。
しかし一体どこらへんがファイナルだったんだ……。

コメント (0) | トラックバック (0)