VIPRPG 2013GW祭り 作品感想 その1

VIPRPG2013GW祭り作品を偉そうにレビューするよ!
いろいろあったけど数年ぶりに祭りレビューが帰ってきたよ!
とりあえず前回と同じような感じでやっていくつもりだよ!
つまりは超まったりのマイペース更新なんだよ!
ネタバレとか気にしない方向で行くから以下は畳んでおくよ!
※2013/05/09 一部追記しました。


No.01 もしも熱血物語だったら
gw2013-01.jpg
高校番長のアレックス&ブライアンが仲間たちと共に
不良三姉妹「トリプルドラゴン」を打倒する中編RPG。
建物の影の隠しショップや体力が0になっても気力があれば復活する仕様など
元ネタの「~時代劇」を意識したシステムが搭載されている。
基本的には金を貯める→キャラ強化の繰り返しなのだが
アイテム数や強化方法が多く効率的なところを探したりと試行錯誤を楽しむことが出来る。
ただ敵シンボルの挙動がおかしかったり入れそうで入れない場所が多かったりと
全体的に雑に感じてしまう部分が多かったのが気になるところ。
っていうか戦闘バランス大味すぎじゃないですかね……。
こがねむしモードの存在を期待していたら名前変更すらなかった。


No.03 単ⅡトリオWFS
gw2013-03.jpg
ウォーターIIら3人を主人公とするデフォ戦RPG。
軽くてテンポのいいやり取りに加えて会話スキップなども充実しており
繰り返し挑戦が苦にならないように配慮されているのが嬉しいところ。
この手の非成長型全戦全力ボスラッシュゲーは
プレイヤー側が時間をかけて強くなる気分が味わえないから正直苦手なんだけど
本作は戦闘前に詳しい情報を確認出来たり稼ぎや救済要素があったりと
「戦闘前に的確な準備を整えることが出来る」のが魅力。
それでも中盤以降は対策を前提とした上での運ゲーを強いられるのだった。
ところで感想掲示板では精神+5の有用性が示されているけれど
本作のダメージ量だと数値分散度±10%のほうが大きいから
やっぱり最終的には運の要素のほうが強くなってしまうような気がする。

※2013/05/09追記
一部の技や通常攻撃を除き、数値分散度は±5%に設定されているという
指摘を頂きましたので訂正いたします。大変失礼しました。


No.07 非常識 外伝 ~無意味~
gw2013-07.jpg
インターフェースも内容もレトロゲーチックなミニゲーム集。
元ネタの雰囲気が上手く再現されており
内容はもちろんのこと選択画面でカーソルを動かしているだけでなんか楽しくなれる。
穴に棒を突っ込んで敵にダメージを与えるパズル+RPGは
お邪魔キャラによるランダム要素もありいくらでもゲーム性を膨らませそうな感じ。


No.08 もしも寄せ集めだったらGWエディション
gw2013-08.jpg
数分で終わる見るゲが複数収録されている短編コレクション。
タイトル画面やSEから予想出来るようにぶん投げ展開+カオスな作品が多く
いい意味でのプレイヤー置いてけぼり感を味わうことが出来る。
正直テイルズオブファンタジアは虎牙破斬+次元斬のコンボが優秀すぎて
空間翔転移や虚空蒼破斬の出る幕がないと思う。


No.09 魔族母子
gw2013-09.jpg
魔王様の後を継いだ娘様を主人公とする短編見るゲ(エロ)。
ストーリーは短いながらも複数枚のイベントCGが用意されていたり
娘様の戸惑いなどがしっかりと描写されており雰囲気を掴みやすい作品。
ただ娘様と嫁様の視点が頻繁に入れ替わる文体なのに加えて
娘様嫁様って字面も似てるからすごい混乱してしまった。
名前の文字色を変えたりして区別を付けてもよかったんじゃないだろうか。
普段の魔王様がきちんと仕事してたのが一番の驚きだったり。

コメント (0) | トラックバック (0)