世界樹の迷宮 メディアミックス作品パーティ考察

これまでに何度か「世界樹の迷宮」の各種メディアミックス作品の感想を書いてきたけど
それらの作品のパーティは果たして実用的なのかどうか、という考察みたいなものを
やってみようかなあ、という話。
いちおうセカキューは「Ⅰ」も「Ⅱ」もそれなりにやり込んでると思うから
少しくらい偉そうに書いてもいいよね! ね!

※「Ⅰ」のドラマCD、小説、「Ⅱ」の漫画のネタバレを含みます。

【世界樹の迷宮 ドラマCD】(ⅠのドラマCD)
ミル   (メディック♀/後衛)※殴りメディック、場合によって前衛
アラン  (パラディン♂/前衛)
シルフィー(ダークハンター♀/前衛)※鞭装備
レン   (ブシドー♀/前衛)※原作ゲームと同一人物
ツスクル (カースメーカー♀/後衛)※原作ゲームと同一人物
---------------考察---------------
一見ザコ戦からボス戦までこなせる万能パーティ……に見えて実はバランスが悪い。
その原因は主人公のミル。
作中描写によればATCブースト10でへヴィストライクを取得しているが、
後衛でキュアⅡを修行中、医術防御も使用不可という有様。
紙装甲のダクハンとブシドーがいる中でアイテム以外の回復手段がないのは致命的。
逆に言えばミルが医術防御を覚えて回復特化型になれば
弱体化スキル+医術防御+防御陣形でほぼ鉄壁の守りになれるはず。
------------------------------—-

【世界樹の迷宮-去りゆくモノたちへの鎮魂歌-】(Ⅰの小説版)
カミル  (バード♂/後衛)※弓装備
ゼノビア (レンジャー♀/後衛)
オトワカ (ブシドー?/前衛)※作中での性別不明
バルサス (アルケミスト♂/後衛)
フェイゲン(パラディン♂/前衛)
---------------考察---------------
回復手段に乏しい攻撃特化パーティ。
作中では歌スキルによる回復をメインとしているが実際のゲームでは
Lv10で毎ターン13%回復なので過信は出来ないはず。
攻撃は斬壊突炎氷雷と全属性揃っているので問題は回復。
金に物を言わせて回復アイテムを大量購入することが必須になるだろう。
どちらかと言えば一撃の被ダメージが少ないザコ戦向けのパーティか。
継戦能力は高そう。
------------------------------—-

【世界樹の迷宮Ⅱ-六花の少女-】(Ⅱの漫画版)
マナリィ   (ガンナー♀/後衛)
クロウド   (ブシドー♂/前衛)
シノン    (ドクトルマグス♀/前衛)
ルーク    (ペット/前衛)
ブルーレイン (カースメーカー♀/後衛)
---------------考察---------------
上記2つ同様の攻撃特化パーティ。
カスメで敵を行動不能にしてから後の4人で畳みかける短期決戦型。
「Ⅱ」は高成功率を誇る睡眠スキルが圧倒的な強さを見せるのでザコ戦ではほぼ無敵。
逆に紙装甲であるブシドーとガンナーの両方が入っていること、
回復スキルが単体しかないこと、
カスメの遅さをカバー出来るアザステ使用可のレンジャーがいないことなど、
行動速度が早く全体攻撃を使ってくる後半のボスとの相性は非常に悪い。
もっとも忠義ペットの耐久力次第で隠しボスまで十分に倒せるはず。
------------------------------—-

ブシドー皆勤おめでとう。
いや別にだからどうしたって感じなんだけどね。
自分が持ってるのがこの3つってだけで
メディアミックス作品がこれで全部ってことはないんだし。

   

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

世界樹の迷宮, ゲーム