六堂秀哉 「世界樹の迷宮III ~深海の戦姫~ (上)」 感想

「世界樹の迷宮II」に続いてコミックREXで連載されている「III」の単行本が発売。
「世界樹」シリーズ自体が決まった主人公がいないゲームということで
今回も他のメディアミックス作品と同じくストーリーはオリジナル。
主人公がプリンセス♀というのはゲームの箱画や人気を考えれば順当なんだろうけど
自分は使ってなかったからちょっと違和感があったり。

で、今回の漫画は効果線を多用したりスキル名をテロップ風に出したりと
「II」の漫画よりも勢いやアクションを重視した絵柄な感じ。
ところどころのコマの構図とかには格好いいところがいくつもあるし
完全にツッコミ+いじられキャラになっているパイレーツのホークや
ビーストマスターのカザンが仲間になるところのドタバタな雰囲気とかは
かなり好きなんだけど
第1話の海賊たちみたいなモブキャラが多いせいか
一人一人の描き込みがちょっとおざなりになってしまっているのがやや残念。

そしてゲーム版をプレイしていないと分からない用語(深都とか海都とか)が
何の説明もなしにぽんぽん出てくるのも少し気になるところ。
購入層はまず間違いなく世界樹ファン(自分も含めて)だろうし
作者の六堂秀哉氏も「世界樹」プレイヤーと言うことで
そのあたりを特に疑問に思わずに描いちゃったんだろうけど
一本の漫画作品として見るとこういう説明不足はどうなんだろうと思ったり。
「II」の漫画も作品テーマ的に2~3層あたりで終わってちょうど良かったし
「主人公セリアの兄を追う話」を肝にするなら
あんまり迷宮の深くまで潜る必要もない気がするんだよなあ。
特に「III」は3層から大きな分岐があることだし。

とまあ「II」の漫画版が個人的にかなり良かったから
どうしても比較してしまう部分があるんだけど
まだ下巻が残っているのでまずは完結してから、という感じ。
上で書いたような不満点が下巻で見事に解消+自分の早とちりだったら
全力で謝ることにしよう。


下巻の感想はこちら


一部キャラがゲスト出演しているドラマCD
「世界樹の迷宮III 絶海の優姫」の感想記事はこちら

   

コメント (0) | トラックバック (0)