竜馬たちの仮想世界が滅び行く中、
それぞれの世界の早乙女博士の推論や思惑が交錯する
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第26話。

というわけで今回はここ数話で断片的に行われてきた謎解きが
「同じコマ割り、同じ構図、似通ったセリフ回しで二つの世界での会話が同時進行する」
という演出によって結実する重要なエピソード。
ただぶっちゃけると「この漫画とてもややこしい!」というか
今回は理解するだけでいっぱいいっぱい、な部分もありましたね正直。

本当の敵=ゲッターエンペラーに対抗するべくゲッターを進化させるため
現実世界でのゲッター1をシミュレーターとして
エンペラーが主役メカとなる仮想世界を構築、
そうして産み出された世界の一つが本作の世界であり
その仮想世界の中の早乙女博士がそのカラクリに気づき
同じように仮想世界のデータを集めて創造主=現実世界に叛逆する……
という仮想世界に仮想世界を重ねたような世界観になるかと思うんですが
同じデザインの同じキャラが同時進行的に会話をする、という演出が巧いと思う反面
この演出が話を理解するためにはネックになっている部分があると思うんですよ。

多元世界をテーマとしたゲーム『スーパーロボット大戦Z』シリーズでは
マジンガーのTV版と真マジンガー、TV版とOVA版のゲッター、
エウレカセブンのTV版と劇場版などの同名キャラが出てくる作品群が
結局共演するすることなく終わってしまったことに不評がありましたが
本作でいざ同じ名前、同じ外見のキャラを複数出すことの難しさを見せられると
あっちのゲームが共演させなかった理由が何となく分かる気がしますね。
これ取っつきにくいんですよ純粋に。

清水×下口コンビはこれまで数々の有名作を発表してきただけに
ゲッターロボをあまり良く知らないファンも多くいると思いますが
ゲッター作品やキャラに思い入れのない人たちにとって
今回の話の流れがすんなりと頭に入ってくるかというと
厳しい部分もあるんじゃないかと思うんですよ。

そんなわけでなんか話が脱線してしまいましたが
とにもかくにも今回でほぼ全ての謎が解き明かされたわけで
(あとは「正確にはゲッターではない」と呼ばれたエンペラーの正体くらいかな)
次回以降は分かりやすく主人公たちの進化、創造主への叛逆、
そしてその先にある本当の敵=エンペラーとの戦いへとなだれ込んでくれそうな感じです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION