消滅した仮想世界のデータによって進化を遂げた現実世界のゲッターロボ。
しかしそれは竜馬たちの予測を遙かに超えたものであった……。

というわけで前回までの作品世界=仮想世界が消滅し
今回からメインの舞台を現実世界へと移すことになった
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第28話。

今回は連載前にプレ掲載された第0話からの引用を多分に含んでおり
ある意味連載前からの伏線を消化したような展開。
第0話での竜馬のセリフ「ケリをつけようか、ゲッター」は
「この謎のゲッターと竜馬が戦うのか?」的な解釈も出来ましたが
進化を遂げたこのゲッターに乗って真の敵と戦う、という意味だったんですね。
いやー数年単位での壮大なミスリードでした。

前回「いつもの顔のゲッター」が出てきて嬉しい、的なことを書いたので
今回それがあっという間に進化して別の姿になってしまったのは寂しい反面
物語的にはまあ仕方ないな、と納得出来る展開ではあります。

そんなこんなで二人の竜馬がついに現実世界で出会ったところで次回に続く。
次回はお互いの状況を理解するための説明回になりそうですが
「同キャラ同士の会話」をどんなふうに繰り広げるのかが
楽しみな反面やっぱり「話がややこしくならないか?」と不安でもあるところですね。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION