「皇帝の欠片」を掲げ現実世界への叛逆を成そうとするゲッターと竜馬、
そして現実世界でもシミュレーター=ゲッター1の強制進化が始まろうとしている
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第27話。

というわけで前回で物語の謎をがっつり説明したこともあって
今回は世界の終わりへと一気になだれ込む展開となった『DEVOLUTION』。
ムサシの最期を彷彿させる炉心(実際は別モノだけど)を掲げての自爆から
世界の崩壊へと繋がっていく、というのは
シチュエーション的にも盛り上がる描写ですね。

そして今回の見所は見開きページで描かれた
進化のために投下されるシミュレーター=現実世界のゲッター1の姿。
いやー清水×下口コンビのメカデザインは
ぶっちゃけ方向性がいつも似通っているというか
自立することをあまり考えていないような足や
マスクを何層にも重ねたような顔などの癖がかなり強いので
こうして「いつものゲッターロボ」が出てくるとなんだかほっとします。
そうそうこういうのでいいんだよ。ああいつものゲッターだ!

しかしいくら仮想世界でのデータやコピーであっても
ゲッターエンペラーが複数存在する、というのは複雑な気持ちもありますね。
石川賢先生自身が「ゲッターロボの最終進化系」と語っていたエンペラーには
解析や模倣すらできない唯一無二の存在であってほしいなあ、と
なんだかマジンガーZEROみたいなことを思ってしまうのです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION