VIPRPG 夏の陣2010 作品感想 その12

VIPRPG夏の陣2010作品を偉そうにレビューするよ!
微妙に更新頻度が落ちてる気もするけど
その甲斐あってかようやく全作プレイ完了したよ!
レビュー文はまだ書いてないけど
ここからはラストまで一気に突っ走りたい所だね!


No.82 らっきょ食わないカーバンクルのお掃除大作戦
20101023-1.png
らっきょ食べたりカレー食べたり羽毛球したりするカーバンクルとは違う
ナイ軍参謀役のカーバンクルがモップとなって魔王軍の掃除を行う
「パックマン」的なパズルゲーム。
クリアだけを目指すなら簡単なものの、
性能の違う三人のキャラが選べたり敵をどのように排除していくかなど
ハイスコアを目指そうとするとかなりの戦略性が必要となる。
おまけ部屋でしっかりとハイスコアを教えてくれるし
一周のプレイ時間もそんなに長くないので
ちょっと空いた時間にスコアアタック、と気軽に遊べるのも魅力。


No.83 晴れた朝など二度とこない
20101023-2.png
自殺をした主人公〝石森紗耶〟の死後の世界やそこでの葛藤などを描く短編見るゲ。
基本的に黒背景+文字だけで淡々と進むために一見味気なく思えるが、
制御文字や選択肢などが効果的に使われており
「賑やかな見るゲ」とは全く違った演出や雰囲気を味わうことが出来る。
中盤の「自殺は罪か」というくだりの所で
ダンテの神曲みたいな中世キリスト教的な視点を思い出したり。
どうでもいいけど一人称をトミノ風に「小生」にしてみたらすごい雰囲気が出た。


No.84 マイナーズ劣情
20101023-3.png
2003ダーエロをはじめとする
アンデッドナイ軍のマイナーキャラたちが出番を求めて奔走する短編見るゲ。
登場キャラが少ないぶん一人一人にちゃんとスポットが当たっており、
なんだかんだで面倒見のいいザンニンニンや
部下想いのアンデッドナイを見ることが出来る。
いい話で終わりそうに見せなどかけてやっぱり……というオチは
使われすぎてて逆に食傷気味なところもあるから
最後はシンプルに行くかもしくは更にもう一ひねりあっても良かったかも。


No.85 黒猫さんウォーズ
20101023-4.png
それぞれ同色の弾への耐性を持つ
白猫さんと黒猫さんの色チェンジを使い分けて進んでゆく縦スクロールSTG。
ボタン長押しでの低速移動やボムなどSTGに必要なものは完備されているものの、
一面のみというボリュームのため、ボス戦以外は特に意識しないで
ゴリ押しで進めてしまうのがちょっと残念。
色チェンジなんかはいろんなバリエーションのステージがあってこそ
生きてくるシステムだと思うし完全版に期待。


No.86 もしもハゲアレサだったら
20101023-5.png
よく分からない理由でハゲ頭になってしまったアレサが主人公の短編見るゲ。
タイトル画面や導入部の超展開などから一発ネタっぽい雰囲気を漂わせているが、
実際はかなりのホラー+残酷な内容であり、
まさに「どうしてこうなった……」と言いたくなるようなラストまで
ノンストップでスプラッターなストーリーが展開する。
本編自体は短いものの作者様の過去作が大量に収録されており
全部プレイするとそれなりに時間がかかるボリューム。
ときどきスレで挙げられる話題作「女体化カーバンクル」も今回ようやく初プレイ。
なんかナコルルの同人誌でこんなのあったよね!


コメント (0) | トラックバック (0)