VIPRPG 夏の陣2010 作品感想 その11

VIPRPG夏の陣2010作品を偉そうにレビューするよ!
そろそろ終わりが見えてきた感じの夏の陣レビュー11回目だよ!
このままいけば11月に入ったあたりで堂々完結だよ!
夏の陣もすっかり終わってしまった感があるけど自分では予定通りのペースなんだよ!


No.77 生物災害
20101014-1.png
主人公〝風間友紀〟が親友の〝如月紗夜〟たちと共に
大量のゾンビが闊歩する街からの脱出を目指すB級ホラー的AVG。
選択肢の数自体は少ないもののほぼ全ての組み合わせに個別の展開があり、
細かい差分などもあるので合計の文章量はかなり多い印象。
絵柄や軽い文章からは想像も付かないくらいに
ハードなストーリー+容赦のない連続バッドエンドが展開するが、
主人公〝風間友紀〟の猪突猛進的なキャラ付けなどもあり、
少々強引な展開でも納得してしまうような勢いがある。
全てを台無しにする無限ロケットランチャー無双ルートは爽快にして圧巻。
やっぱり女子高生とゾンビの親和性は異常だなあ。


No.78 じっくりコトコト煮込んだ脳汁
20101014-2
格闘技大会で奮戦するエンリュウの話や
いつものアレックスとブライアンの淡々なやりとりが展開されるksg。
短いながらもテンポの良さと妙に凝った演出のために
ついつい何度も見てしまうような中毒性がある。
畳み掛けるようなブライアンラストは必見。


No.79 もしもアレックスがアレックスだったら
20101014-3.png
アレックスがアレックスでアレックスな短編RPG。
キャラや顔グラはもちろん乗り物やシステム用語などほとんどがアレックスであり
「すべてがアレックスになる」的なサブタイトルを付けたくなってしまう。
ラストはアレックスと対峙したアレックスがアレックスしかいない世界に
自問自答しながら存在理由を求めるアレックスがアレックスでアレックスな展開。
アレアレアレアレアレックス。頭痛くなってきたアレックス。


No.80 夏の陣オープニング
20101014-4.png
ツクールの乱数を利用しどのゲームを遊べばいいかを示してくれる
100近い数のゲームが一堂に会する祭りならではのゲーム。
番号が出る演出や音楽のテンポが良く、
やめ時を失ったままついつい数分ほど繰り返してしまう。
惜しいのは自分も含めて番号順にプレイする人が多いであろう中で
No.80という後半に位置していることだろうか。


No.81 なんかもうどうでもいいクソゲ
20101014-5.png
投げやりなタイトルに相応しい強引な展開の連続で綴られる短編ksg。
導入部は魔王城を舞台にした普通の短編見るゲ的な雰囲気があるのだが、
あっという間にストーリーは因果地平の彼方にスペースランナウェイしていく。
「締め切り病」の名の元に扱いづらいキャラや役目を終えたキャラが
容赦なく排除されていくのにはある種の心地よさすら感じてしまう。
クリアクリーンSUGEEEEEEEE!


コメント (0) | トラックバック (0)