VIPRPG 夏の陣2010 作品感想 その13

VIPRPG夏の陣2010作品を偉そうにレビューするよ!
もうすぐ11月だけどまだ夏の陣レビューだよ!
マイペースでやってきていつの間にやら2ヶ月半だよ!
長かったのか短かったのかはよく分からないけど
とにかく次回で夏の陣レビューも最終回の予定だよ!


No.87 エスケープfromゴメス
20101029-1.png
ゴメスから逃げている最中に謎の塔に迷い込んだアレックスが
階段を探して塔を上ってゆく謎解きパズルゲーム。
ひたすら塔を上るという内容や意地悪でやけに捻ってある階段の出現条件など
ヒントのある「ドルアーガの塔」といった印象。
変に考えるより総当たりで試行錯誤していくほうがあっさりと進めたりするので
少々拍子抜けしてしまう部分もあるけれど
全体的にテンポが良いためにさほど気にせず勢いのままに遊ぶことが出来る。
中盤やラストにある逃げアクションはかなりタイミングがシビア。


No.88 エターナルダイバー
20101029-2.png
タイトル画面の演出から始まり、
様々な効果を持つ特殊技能や独自の装備システムなどがふんだんに使われている
VXの機能をフルに活用した3DダンジョンRPG。
戦闘回数や装備品に制限があり、更にゲーム開始時のメンバーが一人だったりと
詰め将棋的なバランスなんだろうかと戦々恐々しながら始めたものの、
難易度はさほどでもなくレベルも上がりやすいため
さくさく進めることが出来るので実はかなり万人向けな感じ。
敵味方共に被/与ダメージ量が多いため行動順が重要になるのだが、
初期から使えるウォーターのディレイ効果がかなり強力なこともあり
メンバーの役割をはっきりさせればボスでさえも封殺出来てしまったりする。
体験版ということで途中で終わってしまったけど
今後は前のステージに戻れたりちょっとした寄り道も出来るみたいだから
成長の自由度も高くなっていろいろ楽しみ方が増えそうで期待。


No.90 夏休みだよ!~海水浴へ行こう~
20101029-3.png
海水浴に行った魔王軍の面々の夏休みを描く中編見るゲ。
とにかく登場キャラが多く、細かく動くキャラチップや
アニメーションを見るだけでも十分に楽しめる。
魔王軍中心ではあるもののアレックスなども登場し、
まさに長期休みのお祭り騒ぎ。
シリアスやハプニングになりそうな展開がところどころにあるものの、
全て勢いのあるギャグに流されるので、暗い展開にはならず
とにかく終始まったりとした雰囲気のまま安心して見られるというのも魅力。
中盤の海洋生物コンボが無性にツボに入った。


No.91 大編隊SLGPV
20101029-4.png
タイトルの通り20人もの大人数が戦闘をするゲーム……のPV的な見るゲ。
PVということで音楽に合わせた各キャラ紹介の他に
集団リンチ的な盛り上がり部分もあるのだが、
キャラの多さが仇になって中盤までが少々冗長すぎる気も。
画面上には行動順や属性っぽい各色の丸アイコンがあったりするから
PVでない本編があるとしたらかなり戦略性のあるゲームになるんじゃないだろうか。


No.92 ポケモンチェッカー
20101029-5.png
簡単なプロフィールを入力するとポケモン風のステータス画面を生成してくれるゲーム。
〝チェッカー〟と銘打たれているように作るだけで冒険や対戦などは出来ないので
ゲームというよりはちょっとした環境ソフトのような雰囲気。脳内メーカーとかが近いかも。
各種パラメータやポイントなどは本家ポケモンに準じているらしいけれど
「No.54 もしも魔法具現体のマスターになれるのならPerfection」の感想でも書いたように
ポケモンは完全に未プレイだから突っ込みどころや笑い所が全く分からず
作者様ごめんなさいな感じ。


コメント (0) | トラックバック (0)