VIPRPG 夏の陣2010 作品感想 その5

VIPRPG夏の陣2010作品を偉そうにレビューするよ!
まだ半分もいってないし全然終わる気配を見せないよ!
更新はちゃんと定期的に出来てるから自分のペースで別にいいよね!


No.32 スーパーアレックスRPG
20100910-1.png
いつもより派手な演出で始まるアレックスが主人公のRPG…
のはずだがタイトル画面の通り見事なまでにエターなっている。
エター宣言のタイミングが絶妙。
ニャー


No.33 もしも偽恍惚なる闇がエリー達と一緒に活躍したら
20100910-2.png
アンデッドナイ軍の偽恍惚なる闇がエリーや他の幹部たちと共に冒険する長編RPG。
登場キャラの多さや大量のイベントなどとにかくボリュームがあり、
最終章では世界各地に散らばったボスの分身を倒すことになるのだが、
全員倒さなくても良いにもかかわらず
一つ一つにしっかりとした長丁場イベントやダンジョンなどが用意されている。
他作品の続編という位置付けのため
中盤以降はある程度の設定や前作の流れを理解しておかないとついていけなくなる部分も。
(一応簡単なあらすじ紹介があるにはある)
そういう意味では序盤のドラゴンボール七つの石集めのほうが
キャラの掛け合いとか雰囲気とかが本作単体で楽しめるし面白かった印象。
感想掲示板でも言われてるけど
経験値による成長を完全に無しにしてしまうからには
資金の獲得以外にも雑魚戦を行うメリットが欲しかったなあ、と。


No.36 遥かなる塔の果てに・・・。
20100910-3.png
アレックスをはじめとする六人の中から主人公を選び、
元の世界に帰るために塔を上っていくRPG。
敵との距離を測って移動や有射程攻撃を行う自作戦闘が特徴。
移動は上下キーを押すことで進行度が増えてゆくいわゆる雪道系だが、
ワープアイテムや帰還装置などが完備されており
途中で詰まることが絶対にない分こちらは万人向け。
他にもポイント制の成長システムなど独自のシステムが多く、
そのためチュートリアルが最初に入っているのだが
チュートリアルの語り口が微妙に馴れ馴れしいのは好みが分かれるかも。
その一方で拠点となる街にはNPCが一人もおらず淡々と準備を整えるだけなので
力の入れどころが間違ってるような気がしないでもない。
街でちょっとした情報収集が出来たり
敵やボスの対処法を聞けたり出来れば普通のRPG的な要素が入って面白かったかも。


No.37 大切な人の心を償うRPG
20100910-4.png
完全にエターなっているXP製のRPG。
開始直後の逆切れのようなイベントといい一つしかないマップといい
その潔さは一度くらい見ておいてもいいかも。
一分くらいで終わるしね!


No.38 DeepMagenta
20100910-5.png
少し変わり者の主人公〝ぼたん〟が
観客から行方不明者が出ているというサーカスの謎を探ってゆくRPG。
序盤のAVGパートの選択肢によってパーティメンバーが大幅に変わり、
主人公がいない状態で進んで行くルートすら存在する。
移動システムは「No.36 遥かなる塔の果てに・・・。」と同じく
方向キーで進んでゆくものだが、非常にテンポが良く、
全パラメータ上昇アイテムを100%の確率で落とす敵が出現したり
アイテムの最大所持数が99個なのに一度に100個以上手に入ったりするという
意図的に大味なものになっているゲームバランスと相まって妙に中毒性がある。
上記のスクショは二週目をソロプレイでやってみた時のものだけど
小一時間でHP/SPがカンストしてしまった。
ちなみにその状態でラスボスに決め技を放ったら
50000弱のダメージが出て俺tueeeで大満足。ごちそうさまでした。


コメント (0) | トラックバック (0)