HEROMAN(ヒーローマン) 第24話 リザレクション 感想

大統領救出作戦〝オペレーション・サンダーバード〟を完遂すべく、
ジョーイとヒーローマンは孤軍奮闘していた。
その前に現れ、危険を顧みず真実を伝えようとするリポーターたち。
政府から貸し与えられた「MR-1」を駆り、ジョーイの助けになろうとするサイやデントン先生。
突然の乱入者に戸惑いつつも、ヒューズに諭され戦闘を続けるジョーイとヒーローマン。
皆が自らの責務を果たそうとする中、遂にスクラッグ首領ゴゴールは復活を果たし、
それに呼応するかのように世界各地の〝タマ〟が動き出した…。

広域兵器や両腕のプラズマソード、更にその装甲の堅固さなど
フルアーマーヒーローマンの強さを見せつつ圧倒的なスクラッグの戦力を描写した24話。
作品全体が締めに向かっているのがよく分かる演出が多々あったけれど
それだけに「今までの展開でちょっと良くなかった部分」がいろいろ露呈しちゃってるなあ、
というのが正直な印象。
・ジョーイとヒーローマンの関係が人々に報道される
・タマの再起動とゴゴールの復活
の二つが今回のポイントなんだろうけど
これまでの見せ方があんまり良くなかったせいで
「ジョーイとヒーローマンの関係ってまだバレてなかったんだっけ」
「そういえばタマなんてものもあったなあ」
という感想が先に来てしまうんだよなあ。
中盤以降にタマを駆除しようとする話とかがあれば印象はまた変わってただろうし残念。

その他、作品テーマ的には第1話~第2話で既に語られていた〝責務〟という語が
再び出てきたのが気になるところ。
今回では「人々に真実を伝えようとするリポーター」と
「皆を守るために戦い続けるジョーイ」を対比するような感じで使われていたけれど
数話前からあからさまな死亡フラグを立て続け、
自らを犠牲にしてでも全てを守ろうとするジョーイの姿は悲壮にしてやや自己満足的。
父親を理想のヒーローとしているから自然とそうなるんだろうけど
サイやリナを初めとしてジョーイの帰りを待ち望んでいる人はたくさんいるわけで
そういった「残された者の気持ち」に立ち返るというジョーイの心境の変化や
〝責務〟という語に押し潰されることなく生還し、父親の呪縛(悪い意味での)から
解放されるというのがクライマックスになるんだろうか。

ともあれ次回はいよいよ最終決戦、そして待ちに待ったウィルとの共闘!
ここで盛り上がらなかったらもう知らんぞ、というくらいに期待大で待つことにしよう。

  

Sponsored Link

コメント (1) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, HEROMAN