Gレコ劇場版のムビチケセットが届いたよー。

先週5/21より販売が開始された
『劇場版 GのレコンギスタⅢ 宇宙からの遺産』のムビチケカード。
カードは通常版の他、ムビチケ通販サイト「メイジャー」では
別デザインの3~5部のムビチケ+収納フォルダの限定セットの取り扱いがあるということで
もちろん限定版と通常版の両方を購入しました。


いやーいいですねー。
特に上映館が少なくムビチケが存在しなかった第1部、第2部に関しても
収納できる特製カードを用意してくれているのが嬉しいところ。
全5部の作品なのでやっぱりコレクターとしては5枚セットで眺めたいですからね。

そして第1部と第2部にムビチケカードがなかったのは
3月に刊行されたエッセイ「アニメを作ることを舐めてはいけない」や
各所でのインタビュー等を見るに恐らく商業的な理由
(反響次第では5部まで上映出来ずに打ちきりになる可能性もあった)からだと思うので
今回こうして5部までのムビチケがセット発売されたことで
完走がほぼ約束されたというのが
何よりの朗報と言えるんじゃないでしょうか。ひゃっほい。

そんなわけで前売券も販売され上映まで2ヶ月を切ったGレコ第3部。
昨今の事情もあって第2部から1年半の間ができたこともあって
「アニメを作ることを舐めてはいけない」の内容が
微妙に今後のネタバレっぽくなってしまっていますが
特に気になるのはP238に
映画Ⅳに登場するバララ・ペオールが操るユグドラシル
という記述があったこと。
そのままTV版通りに5~6話ずつ編集したらユグドラシルの登場は第5部になると思うので
それが第4部に入ってくるということは
終盤は新作部分もたっぷり入れて思いっきり膨らませてくれそうで楽しみです。

それと「アニメを作ることを舐めてはいけない」はエッセイとして刊行されていますが
実際はGレコ世界の歴史の教科書みたいな本でしたね。
おハゲ様(敬称)がGレコという一つの世界を構築するのに
3億年前の大量絶滅から10億年後の気温上昇まで地球史レベルで考えていたりと
どれだけ「リアルな考え方の延長線上の物語」に心血を注いでいたのかが良く分かります。
最終的には「それを語って論文になってしまってはいけない」という自戒と共に
アニメ本編ではそのあたりにまで触れることは無かったみたいですが
そこまで考えたからこその「アニメを作ることを舐めてはいけない」発言なんだなあ、と。

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ映画, アニメ・漫画, 映画