永井豪 「デビルマンサーガ 第63話」 感想

ジンメンの援軍により足止めを喰らう勇希の戦いが描かれる
『デビルマンサーガ』の第63回。

というわけで今回は混戦の中で
アモンの強さ、ジンメンのしたたかさ、そしてデーモンたちの
特殊能力にスポットを当てたストーリーが展開。

中でも印象的だったのが重力を操ったりするデーモンの特殊能力。
これまでは純粋に力押しで攻めてくるような感じの敵が多かったので
こういう一芸特化の異能バトル的な描写は新鮮だなあ、と。
しかし一度使うと死ぬ能力っていうのも何だか切ないというかアレですね。
ミツバチみたいなもんですかね(適当)。

そんなこんなで次回に続く。
これからは国軍省も巻き込んでバトルが続いていきそうですが
「亀井教授がジンメンとの会話でアモンの強さ、恐ろしさを知ったこと」
が今後のストーリーのポイントになりそうな感じ。
こうなると正々堂々正面から戦いを挑んでくることはないだろうし
彼らしい卑怯な戦略で勇希に揺さぶりをかけていくんじゃないかなあ、と。

  

コメント (0) | トラックバック (0)