永井豪 「デビルマンサーガ 第33話」 感想

白縫さん=シレーヌの危機に
ついに彼が姿を見せた『デビルマンサーガ』の第33話。

というわけで今回もまだ勇希は動く気配が無く
白縫さんと貝阪を中心としたストーリーが展開。
やっぱり勇希は悩みすぎるキャラだからなかなか話の中心にならないなあ。

そして何と言っても今回の見所は最終ページでついに登場したカイム。
『サーガ』のデーモンたちは良くも悪くも装飾過多で
「迫力はあるけど原作のシンプルなインパクトが無い」デザインだったけど
カイムはかなり原作に近い姿をしていてちょっと安心するね。
まだ1シーンしか登場していないから何とも言えないけど
両肩の角がハサミっぽい感じになっているのかな。

そんなこんなで次回に続く。
このままシレーヌを中心とした三角関係が強調されていきそうな感じだなあ、と。

  

コメント (0) | トラックバック (0)