RPGツクールDS制作記 接触篇②

2009年末~2010年始。
延期発表がありながらも公式ブログがハイペースで更新。
更にコンテストに関する細かい規定も明らかに。

この時期は公式ブログが画面写真を載せつつ機能紹介をしていたわけだけど
全てのイベントコマンドの紹介をしてしまうというまさかの大盤振る舞い。
キャラチップやマップチップ、顔グラなどの雰囲気はまんま現行最新のVXであり、
更に有名な素材屋さんがスタッフとして参加しているなど、
久々のコンシューマツクールでありながら集大成的な様相すら見せている雰囲気。

しかしながら触れてみないと何とも言えないところもあるので
実際は何もせずぼんやりと待ってただけだったりする。
ちなみに発売前に気になっていたのは次の3点ほど。

・イベントの引き継ぎ
PCツクールには存在しない自分にとっては未知のコマンド。
1ページごとのコマンド数に制限があり「引き継ぎ」で繋いでいくのが
コンシューマツクールでは普通らしい。
ちょっと長い会話を作るだけでイベントページが埋まってしまいそうで少し怖い。

・スイッチ数は全200個
ツクール2000体験版が100個であることを考えると多すぎる気もするが
上記の「1ページごとのコマンド数制限」のせいで余分なスイッチを使うかもしれない。
というわけで出来るだけ節約する必要がありそうだ。

・バトルイベント無し
どうやら無いらしい。戦闘中にスイッチをONに出来たりすると戦闘終了ごとに
イベント処理を入れられる(恐らく「夢幻少女」の称号のようなものも再現可能)ので
便利なのだけれど無ければ無いで仕方がない。
しかし何より重要なのは「戦闘中に会話イベントが組み込めない」ということ。
イベント→戦闘→イベントの流れをいかにスムーズに出来るかが課題になりそうだ。

つづく。
たぶん次回は発売前夜の話。

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

RPGツクール