RPGツクールDS制作記 接触篇③

2010年3月10日。
ツクールDS発売前日+公式ガイドブック購入。

ソフトと同日発売のはずのガイドブックが売ってたので購入。
世間的にはフライングゲットになるんだろうけど
駅前の某有名本屋に普通に山積みになっていたので全くフラゲした気にならない件。

というわけで発売までにどうしてもチェックしておきたい項目があったので
そのあたりを中心に熟読。
それは何かと言うとデータベースの文字数。
何しろこれが分からないと登場人物の名前も敵の名前もタイトルすらも決められないわけで。
で、ちょっとまとめてみたのが下の表。

○データベース文字数の比較表(ツクール2000/ツクールDS)

  RPGツクール2000  RPGツクールDS 
タイトル 全角20文字
 (iniファイル書換により実質制限無し) 
12文字
サブタイトル 項目無し
(iniファイル書換により実質制限無し)
12文字
主人公名 6文字 6文字
主人公説明文 項目無し 36文字
二つ名 6文字 8文字
職業名 項目無し 8文字
職業説明文 項目無し 36文字
アイテム名 10文字 8文字
アイテム説明文 25文字 36文字
特殊技能名 10文字 8文字
特殊技能説明文 25文字 36文字
モンスター名 10文字 8文字
モンスター説明文 項目無し 36文字

※なお、ツクール2000は半角文字の使用が可能。

これを見ると画面の小さい携帯機という性質もあってか、
やはり文字数制限は基本的にツクール2000より厳しい。
しかしながら説明文は主にDS上画面に表示されるため使用可能文字数が多く、
更に主人公や職業の説明文まで設定出来るなど、
説明文関連は意外にもDSのほうに軍配が上がっている。

二画面のメリット。

そしてこの相違点を念頭に置きつつ
いよいよツクールDS購入+ゲーム制作に入ることになる。
つづく。


実は長ったらしい英文サブタイトルを想定していたのだけれど
ここで見事に頓挫していたりする。

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

RPGツクール