RPGツクールDS制作記 接触篇①

話は遡って2009年秋、
ツクールDS第一報+即購入決定。

というわけでツクールDSについては発表と同時に購入を決意している。
今までコンシューマツクールには全く手を出していなかったのに
どうしてツクールDSは即決したかというと
それは入力形式の問題が非常に大きかったりする。

文章量だけは多い自分のゲームにとって入力形式というのはまさに死活問題。
その点タッチペンがあるDSならPCツクールと同じ感覚で操作が出来るだろうし
何よりATOKによる学習/予測変換は一太郎ユーザーの自分にとって非常に魅力的。
もちろん1分間に数十~数百文字が打てるフルキーボードとは雲泥の差はあるけれど
ダンジョン1個くらいの超短編なら文章打ちで力尽きる前に完成できるんじゃないか、
という考え。
そして買うのはもちろんAmazon限定版。
特典とか限定とかに弱い人間なんで。

--------------------
そしてこの「最初から短編(むしろ掌編)」という考え方が
あらゆる意味において功を奏することになる。

つづく。

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

RPGツクール