永井豪 「魔王ダンテ対ゲッターロボG 全1巻」 感想

デビルマン対ゲッターロボ」に続いてチャンピオンREDに連載された
ダイナミックVSシリーズ第2弾「魔王ダンテ対ゲッターロボG」の単行本が発売。
正直「デビルマン対~」はデビルゲッターのデザイン以外はイマイチだったし
今回もあんまり期待してなかったんだけどいや予想外に面白かったわ。
これは嬉しい不意打ち。

「魔王ダンテ」は「デビルマン」と違って
明確に人類≒神が敵という設定だからどんなふうに共闘する形になるんだろう、
もしかしたらマガジンZで連載されたリメイク版の要素も入ってくるんだろうか、
みたいに思ってたんだけど
「魔王ダンテ」部分にはかなり大胆なアレンジが施されていて
特に主人公の宇津木涼が早乙女研究所の研究員となっている所なんかは
雪山でダンテに出会わなかったら涼はこういう人生を歩んでいたのかもなあ、
みたいなIF設定を妄想してちょっと感慨深くなったり。
ダンテ召喚の流れは「魔王ダンテ」と「デビルマンレディー」の合いの子みたいな感じだね。

ラスト数ページはかなり強引で取って付けたような感もあったけど
別次元(平行世界?)設定を持ち出したことによって
「魔王ダンテ」のIFとしても「ゲッターロボG」の外伝としても
無理のない設定になってるのは上手いなあ、としみじみ。
この設定だったら本当に何でもアリだし
スケールの大きさのせいで他作品と絡ませづらい
「凄ノ王」や「ゴッドマジンガー」なんかとのコラボレーションも見てみたいなあ、と。
次回は「凄ノ王対ゲッターロボ號」で夢の吸収融合対決を希望してみよう。

そして最近の豪ちゃんの絵柄が
80~90年代の勢いのある感じに戻ってきているのも個人的には嬉しいところ。
あのあたりの絵柄が一番好きなんだよね自分。
具体的に言うとバイオレンスジャックのラスト付近やYJ版マジンサーガあたり。

------------------------------------------------------------
あと今月のチャンピオンREDに第0話が掲載された
「デビルマンG」がなかなか面白そうで期待。
まさかあのススムちゃんがリア充のチャラ男になってるなんて…。

  

コメント (1) | トラックバック (0)