「花のズボラ飯」の聞きかじったレシピを作ってみる。

「花のズボラ飯」の2巻を買ってからずっと気になっていた
第18話の「聞きかじったレシピ(超簡単で超うまい丼)」を作ってみることにする。
2巻ではあの話が一番好きなんだよね。
大学生二人の会話からにじみ出てくるうさくん臭がたまらないわ。

そんなわけで豆腐、明太子、刻みネギ、バターをご飯にのせて
レンジで1分半でサクッと完成。
漫画では一工夫として鰹節をかけていたけれど
それに対抗してちぎった海苔を振りかけてみた。
明太子の赤、刻みネギの白、そして海苔の黒で一見ネギトロ丼にも思えてしまう。

 120323_214129.jpg

そして一口。
……うん、美味い。そりゃあマズいわけはない。
しかしなんか予想してた味と違うというか
バターと豆腐というピリッとしたところのない食材を合わせたせいか
微妙にぼやけた味という感じだ。
安物の明太子を使ったからだろうか。
漫画には「醤油をかけすぎたら台無し」と書いてあるけど
ちょっと多めかな…? と思うくらいにしたほうがいいのかもしれない。

あと明太子に火を通したから
焼いたタラコみたいになってるところがところどころにあって面白いねこれ。
生の明太子が苦手だったり逆に焼きタラコのぼそっとしたのが嫌いな人は
レンジにかける時間を調節すればいい感じになる気がする。

そんなわけで完食。ごちそうさまでした。
ちょっと今回は期待しすぎたかなあ。うーん。

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)