岬下部せすな 「えすぴー都 見参! 4巻」 感想

大財閥の跡継ぎ息子である「大蔵直人」とそのSPである「五条都」の二人を
中心とした日常を描いていく四コマ漫画「えすぴー都 見参!」も今回でとうとう4巻目。
初期は名前の無いことがネタにすらされていた親友やメイドさんたちにも
名前や個別エピソードが与えられて
少しずつ群像劇っぽくなっていっている本作品だけど
今回のキモはやっぱり新キャラの「御影院大志」と「蛍」の登場。
作中で直人の父、霧人が「今まで直人は好意的な人に囲まれていた」と言っていたように
その境遇や二人の関係など大志たちはまさに直人たちの影とも言える存在。
こういう日常四コマって新キャラを出すタイミングがなかなか難しいと思うんだけど
この二人の立ち位置は上手いなあ。

そして変わらないように見えて少しずつ直人が成長しているところを
ちゃんと見せてくれているのもいい感じ。
漠然としか考えてなかった将来のことに目を向けるようになったり
SP仲間の雪さんや親友の並木も含めてなかなか複雑になっている恋愛模様がある中で
直人がどんなふうに考えて選択していくのか、がラストになるんだろうか。

岬下部氏は「ふーすてっぷ」「ことゆいジャグリング」などの全一巻の作品でも
主人公たちの成長をしっかりと描いてきれいに完結させてくれているだけに
四コマ作品としてはかなりの長丁場になっている「えすぴー都 見参!」を
どんな形に持っていくのかも安心して楽しみに出来る感じ。
実は岬下部氏の作品で一番好きなのって「ことゆいジャグリング」なんだよね。

   

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)