永深ゆう 「だいたいこんなンで? 2巻」 感想

校内の何でも屋的な部活動「だいたい部」を舞台とする四コマ漫画
『だいたいこんなンで?』の最終巻となる第2巻が発売。

というわけで早くも完結となってしまった本作だけど
「最終回らしさが全くないなあ」というのが一番の印象。
裏表紙にこっそりと書かれている「これにて完結!」の文を除けば
帯のアオリや巻末の後書きを含めてラストであることには全く触れていないし
四コマのラストでは良くある描き下ろし最終話や「お疲れ様会」なども一切無し。
ここまでくると逆に潔いというか
タイトル通りの「だいたいこんなんでいいんじゃね」的な
開き直りも感じるなあ、と。

いやね、「だいたいこんなんでいいや」という本作の雰囲気は
ウリであると同時に本作が長く続かなかった一番の原因だと思うんですよ。
「中身がない」と揶揄されることの多い萌え四コマだけど
やっぱりそれでもある程度の一本筋やキャラの掘り下げが必要なわけで。
そこらへんを「だいたいこんなんで」を免罪符に誤魔化し続けたから
全体がぼやけちゃった部分もあるんじゃないかなあ、と。

二年生コンビのマゾキャラ、食いしん坊キャラという性格も
オチにしか使われず上手く活かし切れないまま終わってしまった感じだし
「幼馴染みでタメ口だけど誕生日のせいで先輩後輩」というキャラ設定が
ほとんど作中では意味がなかったのも勿体無いところ。
なかなか他では見ない面白い関係だったのになあ。

主人公、穂紀の苦労人っぷりは大好きだったし
2巻では「変身」をテーマとしたこかげの悩み相談、
穂紀の過去話などの興味深いエピソードも増えていったから
ラストではそのあたりにきっちり言及して
一本の作品としてしっかりと締めてほしかったところ。うーん。

まあ何はともあれありがとう! そしてさようなら!
やっぱりもうちょっと続いてほしかったよ!

あ、あと今回は表紙がしっかりと穂紀だったので大満足です。はい。

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)