里好 「うぃずりず 5巻」 感想

外国人なのに誰よりも日本人っぽい小学生「リズ」を主人公とした
下町日常系四コマ漫画「うぃずりず」もとうとう今回で最終巻。
話としてはいろいろすれ違いがあったけど全てが元の鞘に戻った大団円、
となるんだろうけど「ようやく終わったか」という気持ちも少しあったり無かったり。

最終回で「家出したけどすぐに戻ってきた子供のような気まずさ」と
リズが自虐的に言っていたけれど読者から見てもそんなふうに感じてしまうんだよなあ。
ある程度の着地点が見えているだけに
ラスト数話がどうしても冗長に思えてしまったのがちょっと残念なところ。
じいさんの夢(回想)と現実が交互に展開するところなんかは
四コマならではの演出で良かったんだけど。

そんなわけで作品全体を見返してみても
特に後半、リズを中心とした複雑な家庭環境が明らかになってからは
「人の死」を意識せざるを得ないシリアス展開が多くなって
随所に思い出したように入ってくるギャグとのバランスにちょっと違和感があったり。
そういう意味ではイズが転校してきて四人でドタバタやってた2~3巻あたりが
一番面白かったなあ、というのが正直なところ。

絵柄もどんどん頭身の高いほうに変わってるし
現在連載中の「トランジスタ・ティーセット」なんかを見ても
四コマ漫画よりストーリー漫画のほうにシフトしていっている気がするなあうーん。
個人的には作者様がWEB漫画で描いていたような「健康的な腹黒さ」を
もっと見せて欲しい感じ。

  

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)