水森みなも 「笑って!外村さん 1巻」 感想

怖い外見や不器用で人見知りする性格のせいで周りからは「不良」という
レッテルを貼られてしまっている高校生、外村さんの日常を描く四コマ漫画。
口数が少ないために誤解されている女子高生、ということで
今年春にOVA化が予定されている四コマ漫画「森田さんは無口」と
よく比較されがちな本作だけど
森田さんは周りの人たちがみんな理解者であるのに対して
外村さんは一部の友人や肉親以外には誤解されたままというのが大きな違い。
そういう意味では正しく帯にあるように「ふびん萌え」になるんだよなあ。
個人的には見た目的にも内容的にも「森田さん」よりこっちの「外村さん」のほうが好き。

ところでまとめて読むと初期から結構絵柄変わってるねこれ。
「だんだん丸くなっていく外村さん」を描いてるから仕方ないのかもしれないけど
初期の頃の三白眼がどぎつい表情のほうが気に入ってたり。

  

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)