ツクール上でのイベント組みに詰まったらテキストエディタでシナリオ進行、
そっちに詰まったらまたまたツクールに戻って、と365歩マーチ的に進行中の
『妖鬼少女』の制作日誌第71回。

というわけでいま進めているのはシナリオのほうなので
スクリーンショットなどもありません。

いやー実は会話イベントの組み方がいまだに定まっていないというか
「臼井の会」様の立ち絵素材を使うか使わないかでずっと悩んでいるんですよ。
これが自分の中ではっきりするまでは
あんまりイベントを進めたくないというのもあるんです。
今ならまだやり直しが利くレベルなので。

そりゃあもちろん立ち絵を使ったほうが見映えはいいですよ。
ピクチャの表示だって一度コモンイベントに入れちゃえば
そんなに手間がかかるものではありませんし。

ただ立ち絵を使ってしまうとまず間違いなく立ち絵に負けてしまうというか
そちらのイメージに引っ張られてしまって
キャラのセリフ回しとか口調まで変わってきちゃうんですよ。
そうなってしまうのはあまり良くないというか
自分が目指しているのはフリーダムでバーリトゥードな
わけの分からない和風RPGなので
そこらへんのわけの分からなさは大事にしたいと思っています(謎)。

まあそんなわけでイベント組みは悩みつつひとまず置いておいて
シナリオのほうを進めている最中です。
こっちのほうは順調……と言いたいところです。
少なくとも数年前にちょっとつじつまが合わずにいたところは
大胆な設定変更とノリと勢いで何とかなりそうです。

コメント (0) | トラックバック (0)

   妖鬼少女(現在制作中), RPGツクール