7/4からの放送に先駆けてオープニング映像とBlu-rayの情報が公開された
アニメ『ゲッターロボ アーク』。

いやあもうオープニングからして大興奮ですよ。
ああゲッターロボのアニメだ!
過去のTVやOVAの構図をふんだんに取り入れた川越監督の新作ゲッターだ! と
一目で分かるゲットマシンの発進シークエンスから始まって
歌詞にリンクさせた映像、スピード感溢れる変形合体、
そして竜馬、ゴール、タイールと3人のパイロットの
文字通りの「運命の血統」を感じさせつつ
エンペラーの出現と早乙女博士で締め、ともう完璧すぎるオープニングですよ。

公開されている映像の0:46~0:49あたりに
川越監督の作品に特有の「不自然な静止画」(※)があったのが唯一の不安ですが
少なくともメインキャラの作画は崩れていませんし
このあたりは放送中やソフト化の際にしれっと修正される可能性もありますね。
とにかく「石川賢のキャラ」が漫画に忠実な作画で動いているのがたまらないですよ。
もう昨日からずっとループで観てます。


(※)
放送前からあんまりこういうことは言いたくないんですが
スケジュールや予算の関係なのか川越監督の作品って
たまーに放送事故レベルの「不自然に固まる静止画」が紛れ込むことがあるんですよね。
有名なところだと『サイボーグ009(平成版)』の第47話、
あとは『新ゲッターロボ』の第7話、川に落ちた竜馬を助けるために
頼光が飛び出すシーンなどで不自然に画が固まっている部分があります。


ゲッターロボ アークBlu-ray 商品情報|【公式】アニメ『ゲッターロボ アーク』
https://getterrobot-arc.com/disc/

そしてオープニング映像の公開と同時にBlu-rayの詳細も発表されたわけですが
オフィシャル通販限定のセットが49500円という
目玉飛び出すババンバンなお値段だったことに現在進行形で狼狽えているところです。
いやもちろん画集とか全巻収納BOXとかすごい魅力的ですし限定版ほしいですよ。
胸像だって普通に商品して販売すればかなり高いものだってことは分かりますよ。
でもやっぱり1クールのアニメで50000円と言われるのは想定外でしたよ。
比較対象となり得るであろう『鋼鉄神ジーグ(全13話)』のBOXが35000円、
『真マジンガー(全26話)』が58000円程度だったことを考えるとやっぱり高いですよ。
自分としては『新ゲッターロボ』くらいの価格設定
(1巻5000~6000円で全6巻、全巻揃えて実売30000円前後くらい)かな、と
思っていたのでちょっと予想外なわけです。
通販限定は割引がないので最終的に量販店でバラ売り版(14300円×3巻)を買うよりも
15000円くらい割高になってしまう可能性もありますし
量販店特典のTシャツやイラストボードだって魅力的ですし。

そんなわけで最終的には特典にどれだけの価値を見いだせるか、という話になると思います。
どちらにせよ今のうちから資金繰りを考えておかないと間に合わないのは確かです。
ああもうどうしよう。助けてゲッターロボ!

 

コメント (0) | トラックバック (0)

  アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボアーク(アニメ)