VIPRPG 夏の陣2010 作品感想 その1

今回は気楽で身軽な1プレイヤーだ!
というわけでVIPRPG夏の陣2010作品を偉そうにレビューするよ!
当然ネタバレありだから嫌な人は注意してね!


No.01 終わらない夏2010
20100819-1.png
ツクラーを助ける〝妖精さん〟の役割を剥奪された主人公「まさお」が
人間界で一人のツクラーとなって奮闘する見るゲ。
…というごく普通の紹介文を書いてる自分に疑問を抱いてしまうくらいに混沌とした内容。
いい意味でとにかくひどい。
作中作「ブライヤーンクエスト」のタイトル画面は必見。
ちなみにボンボン派なので四駆郎は未読。


No.03 もしもの短編集
20100819-2.png
その名の通り数分で終わる短編の詰め合わせ。
単なる避けゲーかと思ったらアクションになったり
偽ムシャのミニゲームは死んだ場所で出てくるヒントが変わったりと
細かいところで力が入ってる印象。
ちょっとよそ見してたらエンディングが終わってて泣いた。


No.04 なんと今度こそ水煮が経済学講座しないksg(予定)
20100819-3.png
重要語句の解説から確認テストまである本格派経済学講座。
経済学と一口に言ってもいろいろあるけれど
日本を対象にしたマクロ経済学ということで不況問題などかなり現実に即した内容。
対話形式なこともあって非常に分かりやすい。
ことあるごとに「大学行け」って語が出てくるけど
経済学部でもない限り経済学史や経済思想史の方面に行っちゃって
マクロ経済はノータッチな気がするなあ。
確認テストなんて無かったんだよ…。


No.06 見るゲコレクション NO-RIMIX
20100819-4.png
まず起動時の演出で度肝を抜かれる。
内容はピクチャをふんだんに使った見るゲ…かと思ったらまさかの疑似3Dゲーム。
画面作りとしては「3Dエアホッケー」や「3Dブロック崩し」に近い感じ。
防御の判定はやや早めにされてるような印象を受けたけどどうだろう。
「締切」以降の敵がやってくる多段ヒットが怖い。ガリガリ削られる。
見る…ゲ? コレク…ション?


No.07 ここだけもしも世界闘技場
20100819-5.png
限られたポイントを行動内容や攻撃力に振り分け、闘技場を勝ち抜いていくゲーム。
こういう「編成だけして後は見守るだけ」っていうの急かされなくて好きなんだよなあ。
好きなだけに作品の肝である編成部分のインターフェースがやや扱いにくいのが気になる。
手間がかかるのは分かるけど「数値入力の処理」や「選択肢の表示」を使わずに
画面上でピクチャのカーソルを動かす形式のほうがよかったなあ。
シナリオやストーリー性は意図的に排除しているみたいだけど
「○○連勝すればランクAだ」みたいな感じで
とりあえずの目標くらいはあったほうがいいような気がするんだけどどうだろう。
一回戦でアーサーが混乱連打してきて封殺されたのは秘密だ。


コメント (0) | トラックバック (0)