永井豪 「グレンダイザーギガ 1巻」 感想

40年の時を経て新生し「チャンピオンRED」で連載中の
『グレンダイザーギガ』の単行本第1巻が発売。
海外で圧倒的な人気を誇る『グレンダイザー』だけあって
販促のプロモアニメが制作されたりとかなり力の入った宣伝がされている感じだね。

『Zマジンガー』の時には「疾走感をイメージして
Zとマジンガーを逆にするネーミングを思いついた」と言っていたけれど
今回の『ギガ(巨神)』はどちらかと言えば
守護神的な力強さをイメージしたネーミングなのかなあ、と。
グレンダイザーにマントを羽織らせたりするアレンジは
『マジンサーガ』的なアプローチで結構好み。

そんな第1巻はまだ始まったばかりということで
主人公リュークと彼を取り巻く人々の紹介、といった感じ。
敵の目を欺くために記憶を消去する、というのは
『デビルマンレディー』を彷彿させるパターンだね。
またひかるさんがまさかのキューティーハニーに変身し
リュークよりも目立って活躍しているあたりは
チャンピオンREDで過去に掲載された一連の「~対~」シリーズを思い出すなあ。

しかしアレだね。馬での登校やリュークのモテ描写などのレトロな部分が
他の要素が現代風アレンジをされている中で
異彩を放っているというかシュールというか。

そんなこんなでハニーの登場を始めとして
過去の永井豪作品を思い起こさせる要素も随所に入っており
「永井豪本人による現代リメイク」な雰囲気はよく感じられるんだけど
残念なのが一部の作画がヘタレてしまっているところ。
『激マン!』や『デビルマンサーガ』との同時連載でマンパワーが取られているせいか
上記の二作品と比べると差は歴然。うーん。

っていうかこれ『スーパーロボット列伝』とかと同じアシスタントじゃないかな。
メカの顔の描き方がそっくりな気がする。

   

コメント (0) | トラックバック (0)