蒼樹うめ 「ひだまりスケッチ 8巻」 感想

二年数ヶ月ぶりの新刊となる『ひだまりスケッチ』の単行本第8巻が発売。
ゆのっちの一人暮らし&入学から始まった本作も
いよいよ最上級生となって進路や受験というものが目の前に見えてきた印象。
特に宮子が実家に電話をかけるエピソードはお互いを気遣う兄妹の微笑ましさの他、
「一人暮らしだからこそ知っている現実」などの
女子高生四コマ漫画ではあまり出てこない部分に触れており
ひだまり荘での日々の中でしっかりと成長しているのを感じさせてくれる話だね。

そして今回のメインは何と言ってもヒロ、沙英の二人の先輩の卒業と
宮子や乃莉とはまた違う明るさを持つ新キャラ、茉里ちゃんの登場。
ただ刊行ペースから分かるように今回の部分は途中途中での休載が非常に多く
特にヒロ、沙英の二人が卒業してひだまり荘を去るまでの流れは
一話ごとに休載が挟まるようなテンポの悪さで
「二人の卒業を名残惜しむ」というよりも
「話を進ませたくない大人の事情」のようなものを感じてしまったところ。
また8巻ラストでは二人が再登場してひだまり荘を訪ねてくるエピソードがあるけれど
同じ単行本に別れと再開が入ってるというのは正直早すぎるかなあ、と。
二人の再登場自体はもちろん嬉しいし
新入生の茉里との対面、という意味でも必要な話なんだろうけど
沙英がひだまり荘に来た理由が「一種の甘え」のようなものだったことも相まって
「引退したのに部活に顔を出してくる面倒な先輩」的にも思えてしまった感じ。

そんなこんなで話の構成としては
「ヒロ、沙英の二人を手放したくない」というのが
良くも悪くも目についてしまう感じだった今回の8巻だけど
休載の多さは単行本では気にならないし
各エピソードの雰囲気やなずなのポスターのようなシュールなギャグなどは
いつもの安心して楽しめる『ひだまりスケッチ』という印象。
特に個人的に興味深いのは新入生が茉里一人だけだったところ。
ゆの&宮子、ヒロ&沙英、乃莉&なずな、と
基本的に同学年同士でのペアが生まれている中で
相方がいない彼女がどんな立ち位置になっていくのか、
はたまた途中で再び新キャラが登場するのか、などなど
このあたりはいろんな展開が考えられるし気になるなあ、と。

   

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)