RPGツクールDS イベントコマンド考察③

更に続き。

◎プレイ画面を演出する命令
○画面だけを移動
いわゆる画面のスクロール。
PCツクールとの違いは移動後自動的にフェードアウトして元の場所に戻ること。
これは正直余計なお世話。下に書くけどフェードアウト長すぎだし。
○画面のフェードアウト
○画面のフェードイン
PCツクールにおける「画面の消去/表示」。
「画面の色調変更」ではないのでメッセージなども見えなくなる。
一番の問題は恐ろしくウェイトがかかること。4~5秒とかこの半分でいい。
「暗転って便利だよね~」と多用した日にはテンポ悪すぎて死にたくなる。
○画面の色を変更
PCツクールの「色調変更」ほど使い勝手は良くないがセピア調やモノクロにも出来る。
変更にかかる時間は瞬間/3秒/5秒の3段階。これも半分でいいと思う。
イベント中に何もしないで待つ3~5秒というのは体感的にかなり長い。
○フラッシュ
○シェイク
○天気の変更
継続時間などの細かい変更は出来ないもののPCツクールとほぼ同じ。
使い勝手も悪くない。
○アニメーションの表示
かなり種類が豊富で使い勝手のいい素材がたくさんある。
しかし容量を考えると使いづらい。
○アイテムイラストの表示
これもPCツクールでは自前でピクチャで用意する必要がある。
演出としても使えるし「アニメーションの表示」よりは容量も圧迫しない。

◎主人公やパーティの状態を変える命令
○お金の増減
○アイテムの増減
○武器の増減
○防具の増減
○HP・MPの増減
○状態の変更
○全回復
○レベルアップをさせる
○特技を覚える
○メンバーの入れ替え

コマンド内容も直感的に分かるし問題なし……と言いたいが痒いところに手が届かない。
装備品の増減は可能なのに組み合わせてよく使われる
「○○を装備する」や「○○を外す」が無いし
特技も覚えられるのに忘れられない。
欲を言えば能力値の増減もあればよかった。

◎イベントの停止と音楽を再生する命令
○ウェイト
0.0秒から60.0秒まで可能。
○BGMの演奏
テンポを50%~150%まで10%刻みで調節可。
PCツクールでよく使うボリュームの調節やフェードイン/アウトは出来ない。
○効果音の演奏
ピッチを50%~150%まで10%刻みで調節可。
こちらもボリュームの調節が出来ない。

つづく。

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

RPGツクール