クール教信者 「小森さんは断れない! 3巻」 感想

断れない中学生、小森さんを主人公とする四コマ漫画
『小森さんは断れない!』の単行本第3巻が発売。

2巻では「気になる男の子」となる大谷くんの登場で
小森さんの気持ちが一気に大きく揺れ動いていたのに対して
今回は新キャラは登場せず、
受験と卒業が間近に迫り、じわじわとゆっくり押し寄せてくる変化、
というものが話の中心になっている感じ。

特にまさ子ちゃんの姉と一対一で話をするエピソードで
「優しいから」と即答しながらも苦悩する小森さんを描くことで
タイトルの「断れない」という部分を改めて問いかけているのが印象的。

逆にちょっと引っかかってしまったのが部活を引退する話。
中身としては普通に「いい話」になるんだけど
ここまで部活に関するエピソードがほとんど無かったために
(他の部活を手伝ったりしているほうが印象に残ってる)
これだけどうにも他の話より浮いているというか唐突な感じだなあ、と。

そしてめぐみちゃんと山中くんにスポットを当てた番外編
「西鳥さんはこだわらない」も今回の3巻に同時収録。
1巻の海に行く話なんかも顕著だったけど
普段ムードメーカーの子が真面目さを見せると
話が一気に重くなる感じがするね。
他の二人が「成績的には全く問題がない」という描かれ方だからなおさら。

   

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)