RPGツクールDS制作記 発動篇①

今日から実際の制作時の話。

RPGツクールDSで制作するにあたって自分が最初に引っかかったのは「文章の表示」。
というのもツクールDSの「文章の表示」では一度に表示出来る文字数がかなり少ない。
具体的には
・ツクールDS
19文字×3行(顔グラ有りの場合、14文字*3行)
※全角文字のみ
・ツクール2000
25文字×4行(顔グラ有りの場合、19文字*4行)
※全角/半角文字が使用可能
となり、ツクール2000と比べると約半分しかない。

また、自分のゲームではいつも1行目はキャラ名表示に使っており、
これを採用すると実質一度に使える文字数は14*2=わずか28とかなり厳しくなる。

ここまで使える文字数が少ないと禁則処理などのルールを
最初にはっきり決めておかないといけないなあ、ということで
機神少女」の文章は次の①~⑤のルールに則っていたりする。

①1行目のキャラ名は「キャラ名:」で表示
今までの自分のゲームと同じ。

②沈黙は「……」で表す。
3点リーダ×2という一般的な小説などと同じ形式。
1行の文字数の少なさを考えると「…」でも良かった気がする。

③独白は()内に書く。独白が2行になった時は2行目は1文字空ける。
このような段落規則は存在しないが、
単純に
(□□□□□□□□□、
□□□□□□□□□□□□□。)
より
(□□□□□□□□□、
 □□□□□□□□□□□□□。)
のほうが見た目がすっきりする気がするために1文字空けている。

④句読点はしっかり付ける。独白も(□□。)とする。
括弧書きの最後に読点を付けるのは小説の形式としては誤りだがこれも③と同じ理由。
こっちのほうが読みやすい気がするので。

⑤改行は適時行う。
まあ当然。読みやすさ重視で。

で、具体例はこんな感じ。

イベントのスクショ。

制限が厳しいとこうやって自分でいろいろ考えるようになるから
そんなに悪いことばかりじゃないような気がしないでもない今日この頃。
少なくとも今後の自作ゲームではこれが文章入力の基本ルールになるはず。

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

RPGツクール