RPGツクールDS制作記 はじめに

これから週数回くらいのペースで
ツクールDSについてちまちまと取り留めのないことを書いていこうと思うけど
その際の約束事というか自分内でのルールのようなもの。

①比較対象はPCツクール
本来ならGBやGBAといったかつての携帯コンシューマ機ツクールと
比較するべきなんだろうけれど、実は据え置き機/携帯機含めて
コンシューマツクールというのをツクールDS以前には触ったことがなかったりする。
というわけで比較対象はPC、特に自分が慣れてる200Xが中心になるかと。
ただ、変数の有無などの「何が出来るか」については語り尽くされてる感があるので
操作性やインターフェイスを主に見ていくつもり。

②基本は自作品「機神少女」制作記。
自分が実際にツクールDSいじってる時に感じたことが中心なのでまあこれは当然。
時間があれば低画質だけど写真も貼っていきたいな、と。

③容量についての話は極力しない
これも①の変数とかと同じ理由。
ツクールDS=容量問題はGoogle先生が予測変換してくれるくらいの代名詞なわけで
他で言われまくってることを改めて言う意味なんて無いし自分でもつまらない。
発売後数ヶ月が経って素材一つ一つの消費容量なんかをまとめてるサイトもある中で
「容量少ねえよ」的なことを今更書いてもなあ、というのが正直なところ。

また「酷いのはDPだ」「Fullならそれなりのものが出来る」
などと特にDPモード※での容量不足が言われているけど、
「機神少女」においてはFull→残り36、DP→残り1024という逆転現象が起きているので
少なくとも自分は「DPだからどうのこうの」とは全く思えなかったりするのが現状だったり。

残り容量。

--------------------—-
※DPモード
要はPCツクールにおける「ゲームディスクにランタイムのデータを含める」のこと。
全データを送るためソフト未所持でも遊べる形式だが、
その反面制作時には画像や音楽の使用に多くの容量を必要とする。

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

RPGツクール