河北新報コラムの「サイボーグ009」。

本日11/4の河北新報一面コラム「河北春秋」で
「サイボーグ009」に触れているのを発見。

石ノ森氏の後を継いで小野寺氏が小説原稿を完成させたいきさつをメインに
現在公開中の映画「RE:CYBORG」や
「サイボーグ009」という作品の魅力などにも言及しており
今年になって新作が相次いで発表されていることを分かりやすく紹介している感じ。

「サイボーグ009」は名前だけなら誰もが知っている作品にもかかわらず
未完であることや先日発売された完結編小説についてはあまり知られていないし
こういう目立つ形での露出がもっと増えてくれると嬉しいなあ、と。

それにしてもこの手のメディアで小野寺丈氏を
「石ノ森氏の長男」と明言しているのは珍しい気がする。

https://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20121104_01.htm
河北春秋ってネットでバックナンバー読めるのね。

コメント (0) | トラックバック (0)