「サイボーグ009 conclusion GOD’S WAR 第3話」 感想

ジェットを主人公とする第2章「摩天楼の底」の後半が描かれた
「サイボーグ009完結編」の第3話。

今回も2話に引き続いて小説版をそのまま漫画にしたような感じで
細かいセリフやジェットを尋問する教団幹部たちの位置関係、
更には「跳躍しながらマイケルの肩を蹴るジェット」など
ここまで同じにするか、というくらい小説に忠実な展開。
セリフもほぼ同じ内容、同じ表現がされており
特に「百足鰐」や最終ページの「サイバーマン」などの独特な表現が
そのまま引用されていたのには一安心。
なんか好きなんだよね「サイバーマン」。いかにも石ノ森氏っぽくて。

ただ今回は2話に比べて小説とは違う語句や用語を使っている部分もあり
「ブラック・ゴースト」や「ゼロゼロナンバーサイボーグ」など
小説版では敢えて避けていた(ようにも思われる)
「009」ならではの用語が多く登場しているのがかなり印象的なところ。
今回のWEBコミック版は小説版より多くの人が読んでいるだろうし
小説と違って文章で説明することが難しいということもあって
分かりやすさを考えて言葉を選んだんだろうなあ、と思ったり。

他には小説では「人形の班」「光の班」という
曖昧な表記しかされていなかった<神の神>きちんとを見せてくれたのも大きな違い。
デザインのいい悪いは別として
こうやって画で見せることが出来るのは漫画ならではだなあ、と。

しかし小説ですでに知ってたから期待外れってことはないんだけど
この展開で「ジェットの大アクション!」は言い過ぎだよねこれ。


小説版ではリアリティを重視したのか
「死の商人=ブラックゴースト」が明言されておらず、
病床の石ノ森氏とギルモア博士の会話でも
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
死の商人たちが<ブラック・ゴースト>と名乗ったかどうかまでは聞き返さなかった~
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
という濁した表現がされている。

  

コメント (0) | トラックバック (0)