永井豪 「改訂版デビルマン 第3巻」 感想

現在刊行中の「改訂版デビルマン」の3巻が発売。
大幅な変更があった2巻を受けて今回も流れがかなり変わっており
・ベルサイユの王妃編(新デビルマン)
・ジンメン編
・ススムちゃん大ショック編
・デーモンの無差別合体開始
と「豪華愛蔵版」(以下:愛蔵版)の2巻~4巻の3冊を再構築しているという構成。
特に新デビルマンのエピソードが大幅にカットされており
アモンの過去が垣間見える「サモトラケのニケ」や
了の明に対する屈折した愛情が窺える「リトル・ビッグホーン」などが
未収録になってしまっているのが気になるところ。

そして今回の加筆修正、描き下ろし部分は
ゼノンの宣戦布告後、デーモンが第一次攻撃を仕掛けるシーンがメイン。
明や了などのメインキャラには加筆はほとんど無い代わりに
デーモン軍団のほとんどに描き込みやトーンの追加が施されていて迫力満点。
また新作ページとしてデビルマンとデーモン軍団の戦いが
数ページほど描き下ろされており
そこではサイコジェニーの乳房が開き目玉になるという衝撃の事実が明らかに。
デーモンの中でも圧倒的な存在感のあるサイコジェニーだけに
このシーンはファンなら必見…のはず。
「激マン!」でもこのあたりの総攻撃+デビルマンの戦いは
じっくり描きたかったけど泣く泣く削った~みたいなことを言っていたし
今回はそのあたりに力を入れたんだなあ、としみじみ。

ただ今回の3巻、先述した「新デビルマン」のように
カットされたエピソードやページが随所に存在しており
2巻までと比べてかなり不満の残る内容だったなあ、というのが正直なところ。
特に
・ゼノンの宣戦布告後の明と了の会話のうちの3ページ
・サイコジェニーに敗北した明が了のところで目覚める2ページ
の2ヶ所が削られているのは話の流れから考えてもかなりおかしく
落丁乱丁と見られてもおかしくないレベル。
思わずページ数確認しちゃったし。

ここらへんの事情は分からないけどどうもページ数の問題がありそうなんだよなあ。
今回も広告ページが一切存在しないなど
ページ数に余裕が無くかなり切羽詰まっているようにも思えるし。
もしかしたら企画当初は全5巻のつもりだったんじゃないだろうか、
などと勘ぐってしまったり。
いやマジでそんな感じがするんだよこれ。

1~2巻がオリジナル版と愛蔵版の両方から各エピソードを抽出していて
「全部乗せ」みたいな感じで気に入ってただけに
今回一気に未収録エピソードや削除ページが増えてしまったのはかなり残念。
今後この「改訂版」がスタンダードになるであろうことを考えても
しっかりと完全版というか集大成的な内容にしてほしかったなあ。うーん。

そして来月は最終巻となる「改訂版デビルマン」4巻の他に
長らく待ち望んでいた「マジンサーガ」の新装版が刊行開始!
とうとう来た! やっと来た! ワクワクが止まらねえ!

   

コメント (1) | トラックバック (0)