「RPGツクールDS+」…かぁ…。

公式サイト
https://tkool.jp/products/rpgdsplus/index.html
というわけでついに発表された新作「RPGツクールDS+(プラス)」。

「RPGツクールDS」はそれなりに売り上げがあったみたいだし
何らかの形でコンシューマーツクールも続いていくんだろうなあ…
と思っていたところにまさかの発表。
ちょっと発売日までが早くてびっくりしたけど
DSも旧ハードになってしまった現状では出来るだけ早く出したいんだろうなあ、と
12月発売はある意味納得出来る設定だったり。

そして肝心の内容だけど
公式サイトのほうを眺めてみた感じ今回は「~+(プラス)」というタイトル通り
「RPGツクールDS」のマイナーチェンジ、あるいは別バージョンという印象。
・データ数が4個に増加
・マップ感でのイベントコピーが可能
・スイッチに名前が付けられ、一括変更が可能
などなど前作で「痒いところに手が届いてないなあ」と不満だった部分が
しっかりと解消されてるっぽいのは嬉しいところ。
特に前作ではデータの少なさもあり管理が非常に面倒だったDL素材周りが
貯蔵庫のおかげでかなり快適になってそうでそこには期待。

ただ「これ入れるなら他の所をなんとかしてほしいなあ…」
と思ってしまうようなところもちらほら。
300個増えて総数500となったスイッチ数なんかは正直無用の長物という感じも。
スイッチ500個なんてPCツクールでも中~長編じゃないと使い切らない気がするし。
スイッチより各種パラメータを格納出来るような変数を
10個くらい増やしたほうがよっぽど可能性が広がるんだよ!
それともこれは「スイッチ増やしたから二進法でやってね!」ということなのか…?

あとはあまりにもテンポが遅い戦闘や
フェードイン/アウトの長すぎるウェイトなども改善してほしいところだけど
このあたりの操作感やウェイトは公式サイトの静止画だけじゃ分からないし
蓋を開けてみるまで分からないのがつらいところ。

 

そしてAmazonでは早くも予約が開始。
マイナーチェンジでこの価格設定はちょっと個人的に厳しいかもなあ…。
コンシューマーゲームじゃ難しいんだろうけど
「RPGツクールDS」購入者への優待価格とか出来ないものかな。
数は少ないながらアペンド版を出したゲームも過去にあったし。

そして同時に発表されたPCツクール最新作「RPGツクールVXAce」も
当然気になってるんだけどとりあえずいろんな所感は公式サイト待ちという感じ。
タイトルからしてこっちもマイナーチェンジっぽいんだよなあ…うーん。

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

RPGツクール