蒼樹うめ 「ひだまりスケッチ 6巻」 感想

いつの間にやらかなりの長寿連載になっていた「ひだまりスケッチ」の6巻が発売。
当初は「新キャラ」というイメージの強かった後輩たちもすっかり溶け込んで
絵柄も3~4巻あたりからは大きく変わらずに安定している気がするし
良い意味で「いつものひだまり~だなあ」と安心して読める最新巻、という感じ。
個人的には「夏休み終わ朗」のようなシュールなネタが微妙にツボに入ったり。
ただ乃莉ちゃんの数少ない見せ場でもあるPCネタがほとんど無かったのはちょっと残念。

そしてゆっくりながらも作中の時間は確実に進んでおり
今まであまり認められることのなかったゆのの画がパンフレットに採用されたり
吉野家先生が先生らしいところを見せるヒロさんの進路の話など
各キャラが少しずつ確実に成長しているなあ、と感じられるところもちらほら。
特に修学旅行や夏期講習、ひだまり荘での勉強会など、5巻あたりから
先輩たち二人の卒業を見据えたエピソードが少しずつ増えているのが気になるところ。
連載初期の頃は先輩たちの卒業で一区切りだし最終回になるのかな……と思ってたけど
後輩キャラも増えた今の流れを見るとそこで終わりそうにはない
身も蓋もない言い方をしてしまえば編集部が終わらせない)し、
そのあたりはどんなふうに描いていくんだろうか。

こういう4コマ漫画での先輩たちの卒業というと
「ひだまりスケッチ」と同誌で連載している「CIRCLEさーくる」なんかが
かなり早期から卒業後の進路の話なんかに踏み込んでいるけれど
あっちはある程度自由に動ける大学が舞台だし
「ひだまり~」はまた違った印象になるんだろうなあ、と思ったり。

そう言えば帯の「アニメ第4期製作決定!」のアオリ文で思ったけど
「ひだまりスケッチ」はアニメが長く続いても
あくまでも原作は原作の雰囲気のまま続けてくれるのが嬉しいね。
アニメは映像メディアで尺の違いなどもあり
それに合わせてモブキャラたちにもかなりスポットが当たっているみたいだけど
アニメ版には興味がなく一話も観てない身としては
そういう「アニメだけの設定」を必要以上に持ってこられると戸惑ったりするわけで。

正直「らき☆すた」なんかはアニメやゲーム版設定の逆輸入が多すぎて
途中からわけが分かんなく(ry
何の説明もなく無駄にキャラ増えすぎなんだよ!

  

Sponsored Link

コメント (1) | トラックバック (0)